麻布大学

大学概要ABOUT

最先端の施設で「みる」

産業動物臨床教育センター(LAVEC)

牛や馬などの臨床実習にキャンパス内で取り組める

地域の畜産農家の牛や馬の治療を、臨床系教員と共にここで体験します。さまざまな角度からの手術を可能にする油圧式手術台や、手術の様子を見るための55インチ大モニターなど、最新鋭の設備を完備しています。

産業動物臨床教育センター画像

獣医臨床センター(麻布大学附属動物病院)

最大規模の附属病院で最先端の動物医療を学ぶ

国内獣医学系大学の動物病院としては最大規模となる、附属動物病院を併設。年間約12,000症例の診療を行うと同時に、学生の臨床実習の場として機能しています。センターの上層階は、実習室になっています。

獣医臨床センター画像

生物科学総合研究所

ライフサイエンスを総合的に研究

厳重に管理された高度な実験施設で、大学院学生・学部学生・研究生などが研究活動を行っています。実験・研究対象はDNAから生体までさまざまで、それらをライフサイエンスとその関連分野の観点から研究しています。

生物科学総合研究所画像

生理学実習室 ※「生命・環境科学部棟」内

実際の医療現場を想定した最新の施設・設備

主に臨床検査技術学科の学生が利用する実習室です。筋電計、心電計、オージオメーター(聴力検査器)、超音波診断装置など、医療の現場で実際に使われている最新の測定・検査機器を使用し、実践力を養います。

 生理学実習室画像

大型機器室 ※「生命・環境科学部棟」内

目に見えない微細な物質の測定も可能に

環境・食品・生体試料に含まれるさまざまな化学物質や超微量元素など、目に見えないレベルの物質の測定を可能にする、最新かつ高性能な分析機器を設置。基礎研究をサポートする機器が充実しています。

大型機器室画像