麻布大学

学部・大学院ACADEMIC / GRADUATE

講師 久世 明香

獣医学部 動物応用科学科

講師 久世 明香
研究室
伴侶動物学研究室
所属と主な研究内容
所属:伴侶動物学研究室
研究内容:動物の社会行動の発達、社会的認知能力の遺伝的基盤
担当科目
動物行動治療学、応用動物心理学実習I・II、動物発達行動学実習など

プロフィール

神奈川県出身。東京大学農学部獣医学専修卒業後、同大学大学院農学生命科学研究科博士課程(獣医動物行動学研究室)に進学し、『盲導犬における早期適性予測に関する行動遺伝学的研究』で獣医学博士号を取得。大学院時代より、イヌ・ネコの問題行動に関する行動遺伝学的研究や問題行動の治療に携わり、獣医行動診療科認定医を取得。東京大学大学院農学生命科学研究科特任助教(獣医動物行動学研究室)、一般動物病院勤務医、東京大学附属動物医療センター特任助教を経て、2018年4月より現職。

動物の社会的な行動の成り立ちを、発達学・進化学的視点から研究しています。主にイヌを対象都市、母子間の相互作用や幼少期環境によって社会行動が発達するメカニズムや、コミュニケーション能力に関わる遺伝子や内分泌機構の解明を目指しています。