麻布大学

研究室LAB

教授 遠藤 治

生命・環境科学部 環境科学科

教授 遠藤 治
研究室
環境衛生学研究室
所属と主な研究内容
主な所属学会:日本薬学会、日本環境変異原学会、日本環境化学会、大気環境学会、室内環境学会
担当科目
大気環境学、環境毒性学・同実習、環境リスク学・同演習、環境衛生学

MOVIE

プロフィール

1959年 横浜市に生れる
1984年 麻布大学大学院修士課程修了
獣医学教育6年制第1期生として獣医師免許取得
1987年 麻布大学大学院博士課程修了(獣医学博士)
厚生省国立公衆衛生院に勤務
生活環境中の有害化学物質に関する調査研究に従事
2002年 組織再編に伴い厚生労働省国立保健医療科学院に異動
2005年 同 環境化学室長
2008年 麻布大学生命・環境科学部准教授
2012年 相模原市環境審議会委員
2016年 環境衛生学研究室教授

空気、水、食品は人間の生存・生活に必要不可欠なものです。「環境衛生」は「食品衛生」と並んで「公衆衛生」の大きな柱となっています。「衛生」の「衛」の字は「まもる」という意味で、「生」の字は「生命」を現しています。つまり「いのちをまもる」ことです。したがって「環境衛生学」は「環境」を「保護(まも)り」、「生命(いのち)」を「衛(まも)る」学問ということです。私は麻布大学~厚生省~厚生労働省~そして再び麻布大学において、生活環境中の有害化学物質、特にがん・変異原性物質に関する調査研究に従事してきましたが、これは大学時代の恩師・諸先輩方との幸運な出会いあればこそ。今度は自分が将来そう云ってもらえるよう母校からの人材育成に一役買いたいと思っております。

趣味

レコード収集(映画音楽・シャンソン)

映画のロケ地探索・スターのお墓参り("聖地巡礼"ですね!)

座右の銘

健康第一