麻布大学

研究室LAB

准教授 栗林 尚志

生命・環境科学部 臨床検査技術学科

准教授 栗林 尚志
研究室
免疫学研究室
所属と主な研究内容
生命・環境科学部 臨床検査技術学科 免疫学研究室
主な研究内容 実験動物の急性期蛋白、ウシ免疫初乳抗体、スギ花粉
担当科目
免疫学I、免疫学II、臨床免疫学、輸血・移植免疫検査学・同実習、免疫学実習、臨床免疫学実習

プロフィール

約20年間、製薬企業において抗生物質、抗喘息薬などの研究・開発に従事してきました。現在は、ラットにおける代表的な急性期蛋白であるα2-マクログロブリンに関する研究、ウシ免疫初乳抗体を用いて腸管出血性大腸菌が産生するベロ毒素に対する中和作用、Helicobacter pyloriの除菌あるいはCampylobacter pyloriの排菌促進作用などの研究を行っています。いずれの研究も「実学の研究」となることを目標としています。