麻布大学

研究室LAB

准教授 村山 洋

生命・環境科学部 臨床検査技術学科

准教授 村山 洋
研究室
生化学研究室
所属と主な研究内容
分子生物学、神経生物学、遺伝子検査,アルツハイマー病、スプライシング、転写調節、タウ遺伝子、glycogen synthase kinase 3(GSK3)
担当科目
神経生物学、ゲノム情報科学同演習、遺伝子検査学同実習、DNA診断学、遺伝子生物学実習、遺伝子工学実習他

MOVIE

プロフィール

麻布大学大学院獣医学研究科修了(獣医学博士)。

富士レビオ(株)中央研究所、大阪府立母子保健総合 医療センター研究所、(株)三菱化学生命科学研究所、理化学研究所脳科学総合研究センターを経て、平成12年(2000年)より麻布大学環境保健学部(現、生命・環境科学部)。

アルツハイマー病に関連するタウ遺伝子のスプラシング分子機序とGSK3(タウリン酸化酵素)の転写制御機構の解明に取り組んでいる。また、スプライシングに関する解析技術の研究開発を進め、医療分野への応用を模索中。

最近では、高校教員と共同で遺伝子リテラシーを広めるために,小学生から大人まで幅広い層を対象として,実験教室などを主催している。