麻布大学

研究室LAB

教授 滝沢 達也

獣医学部 動物応用科学科

教授 滝沢 達也
研究室
動物工学研究室
所属と主な研究内容
獣医学部 動物応用科学科 動物工学研究室
一酸化窒素(NO)の子宮・胎盤・肝臓・血管等における役割とその発現調節
体性(成体)幹細胞を用いた細胞分化と組織再生の試み
担当科目
生殖生物学、動物発生工学、細胞培養工学、分子細胞生物学、発生・生殖生物学特論、動物工学特論、遺伝子科学特論、動物工学実習、動物生命科学基礎実習

MOVIE

プロフィール

1988年麻布大学獣医学研究科修了(獣医学博士)、製薬会社の研究部門に4年間勤務した後、1992年から麻布大学獣医学部動物応用科学科教員、2003年から教授。

受精卵から、細胞分裂を経ながら固有の形や機能を備えた多種類の細胞へと分化します。この分化した多数の細胞からヒトや動物の個体が構成されています。細胞分裂や分化に加えて、個体の発生過程には母体からの酸素や栄養分の供給に関わる子宮内膜・胎盤は重要な役割を担っています。子宮内膜・胎盤などにおいて、一酸化窒素(NO)は多様な作用をもつことが知られており、その役割等をさまざまな視点から研究しています。

一方、胎児にとっては、酸素の供給源が胎盤を経由した臍帯由来から、出生後に肺呼吸に急激に切り替わることから、その準備が胎生期から行われています。順調に行われないと、ヒトや動物の出生後の生存は困難になります。また、個体として誕生した後も、それぞれの器官や組織にはその構成細胞を再生できる体性(成体)幹細胞が存在し、器官や組織の再生と更新を担っています。このような、受精卵から個体に至る過程の制御機構と人や動物の疾患の治療への応用を目的として体性(成体)幹細胞の増殖と老化、細胞分化と組織再生及びその制御に関する機構を研究しています。