麻布大学

研究室LAB

教授 浅井 史敏

獣医学部 獣医学科

教授 浅井 史敏
研究室
薬理学研究室
所属と主な研究内容
薬理学分野、生活習慣病(糖尿病、肥満、歯周病、血栓症など)と治療薬
担当科目
獣医薬理学、獣医薬理学実習、総合獣医学、動物薬理学

MOVIE

プロフィール

東京大学農学部畜産獣医学科を卒業後、製薬会社にて医薬品の創薬研究にたずさわる。生物系の3研究所の所長、研究領域リーダーを務めた後、2008年4月より麻布大学・薬理学研究室の教授。農学博士取得(東京大学)後の研究領域は、循環器系疾患とくに血栓症、糖・脂質代謝疾患などの生活習慣病およびその治療薬に関する薬理学である。心筋梗塞の再発予防薬として欧米で販売されているプラスグレル(エフィント®)の研究開発でテーマ発案から承認まで20年の歳月と膨大なコストを要したプロジェクトの研究リーダーを務めた経験をもとに、実社会で役に立つ実践的薬理学の教育・研究を推進することを目指している。