麻布大学

研究室LAB

講師 篠塚 康典

獣医学部 獣医学科

講師 篠塚 康典
研究室
衛生学第一研究室
所属と主な研究内容
日本獣医学会、家畜感染症学会、日本乳房炎研究会、家畜衛生学会、牛の乳房炎
担当科目
家畜衛生学I、家畜衛生学実習、産業動物臨床基礎実習、牧場実習、産業動物獣医総合臨床、産業動物臨床実習、獣医学特論、卒業論文

プロフィール

昭和42年広島生まれ
平成4年鹿児島大学卒業
平成21年山口大学大学院連合獣医学研究科修了

乳牛の世界で最大の感染症は乳房炎で、その経済的損失は極めて大きなものとなっています。乳房炎はいろいろな原因菌によって引き起こされますが、中でもグラム陰性桿菌による急性大腸菌性乳房炎は甚急性の経過をたどり死亡・廃用となることが多いため、効果的な治療法や有効な予防策が求められています。また、この乳房炎に罹患した分房は乳量や乳質が低下することが多く、乳腺組織損傷のメカニズム解明とその制御が課題となっています。この分野を研究テーマとし、臨床現場に還元できる知見・技術の普及を目指しています。