麻布大学

教職員募集のお知らせRECRUIT

(女性限定)麻布大学獣医学部 動物応用科学科 動物生命科学系 動物繁殖学分野 講師の公募要領

公募要領
募集人員 獣医学部 動物応用科学科 動物生命科学系 動物繁殖学分野 講師 1人
求める人物像 大学教員としての人格、見識に優れ、家畜における繁殖学や生殖科学に関わる教育・研究を行うことができる方。また、家畜人工授精師の資格取得に関わる教育を行うことができる方。さらに、実験動物における発生工学技術やヒト生殖医療技術に造詣が深い方が望ましい。また、現在の学部カリキュラムの講義/実習/演習に対応できることを基本として、学内外で共同研究を展開でき、その研究成果により麻布大学の存在意義を積極的に広報できる方。
担当予定科目
  1. 動物応用科学科:動物繁殖学(分担)、動物分子生殖科学(分担)、動物受精卵移植論(分担)、動物生殖制御論(分担)、動物繁殖学実習(分担)、家畜人工授精特別実習(分担)、科学の伝達、専門ゼミ、卒業論文、基礎ゼミ(分担)、動物応用科学概論 (分担)、動物応用科学実習 (分担)、家畜受精卵移植講習会(分担)
  2. 獣医保健看護学科:動物繁殖学(分担)
  3. 臨床検査技術学科:生殖生理・不妊症学(分担)、卒業論文
  4. 採用者の専門性を考慮した現在の動物応用科学科における講義・実習
  5. 今後カリキュラムの変更が生じた時の新規の講義・実習
応募資格
  1. 女性であること。(本公募では「男女雇用機会均等法」第8条の規定(女性労働者に係る措置に関する特例)に則り、女性に限定する。)
  2. 人格・見識に優れ、本学における教育・研究に強い意欲と熱意を有し、家畜繁殖学や家畜生殖学を専門分野とし、さらに実験動物の発生工学分野やヒト生殖医療分野にも造詣がある者。
  3. 上記の担当予定科目に加え、牛の家畜人工授精師(受精卵移植含)の資格取得に必要な教育を担当できる者。
  4. 博士の学位を有し(着任時までに学位取得見込みの者を含む)、家畜繁殖学や家畜生殖学に関する研究業績を有する者。 またそれらの専門分野に関する教育実績もあることが望ましい。
  5. カリキュラム変更の場合には、上記担当予定科目以外にも他分野の教育や導入教育・基礎教育に情熱をもって担当できる者。
  6. 教育と研究のみならず、 大学運営、 広報活動などの各種大学関連業務に取り組める者。
  7. 国籍は問わないが、上記の業務遂行のために必要なレベルの日本語能力を有する者。
待遇

給与等雇用条件は、本学の規程による。
給与等雇用条件の詳細については、以下のURLを参照すること。
就業規則
給与規程
※給与の決定は、履歴書の学歴・職歴等の経験を反映する。

着任予定日 令和7年4月1日
選考方法 書類選考の上、模擬授業を含めた面接を行う。
提出書類
  1. 履歴書1通(※本学所定の書式)
  2. 研究業績目録1通(※本学所定の書式。現在印刷中の業績は、それを証明する書類のコピーを添付すること。業績目録には、応募者本人に下線を入れ、責任著者を太字とすること。学術論文は、審査制度を設けた学術誌等に発表したもので、最初のページのコピーを添付すること。また外部資金獲得、産官学との連携活動の状況および特許についても記載すること。)
  3. 研究業績の概要1通(書式は自由、1200 字以内、図表挿入可)
  4. 着任後の研究に対する抱負1通(書式は自由、A4用紙1枚以内)
  5. 着任後の教育に対する抱負1通(書式は自由、A4用紙1枚以内)
  6. 推薦書2通(用紙・書式は自由)

※1)から5)の書類は「A4サイズ、片面印刷、ホチキス留めなし」で提出すること。

※1)から5)の書類はPDFファイルをCD-RまたはUSBメモリに保存して、保存したメディアを応募書類に同梱すること(メディアは返却しません)。

※本学所定の書式:
「履歴書及び研究業績目録」の書式及び記載事項等の詳細は、下記添付ファイルをダウンロードの上、作成してください。

履歴書・業績目録(本学様式:45KB)

応募書類提出先 〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
麻布大学事務局 総務部人事課 気付 獣医学部長 宛

応募書類封筒の表に「獣医学部教員(動物生命科学系 動物繁殖学分野)講師応募書類在中」と朱書きの上、簡易書留等の記録が残る方法で送付すること。
提出期限 令和6年7月26日(金)必着
問合せ先 麻布大学事務局総務部人事課
042-754-7111(内)2849
E-mail: jinji(a)azabu-u.ac.jp
※(a)を@に変更してください
その他
  1. 「履歴書及び研究業績目録」の書式及び記載事項等の詳細は、JREC-IN研究者人材データベースから本件該当ページを検索し、添付ファイルをダウンロードの上、記入・作成してください。
  2. 応募に際し、提出していただいた書類等は、一切返却しませんので、予めご了承願います。
  3. 提出いただいた書類は、厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用しません。
  4. 選考結果は、メール又は書面で通知します。
  5. 本公募では「男女雇用機会均等法」第8条の規定(女性労働者に係る措置に関する特例)に則り、女性に限定して採用いたします。選考にあたっては、出産・育児による休業期間を考慮いたします。該当者は履歴書に当該期間を明記してください。
  6. 本学は、男女共同参画社会の実現に向けて、研究者がその能力を最大限発揮できるよう、研究環境の整備を行っており、文部科学省科学技術人材育成費補助事業令和4年度「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特性対応型)」に採択されました。今後、女性研究者を含めた多様な人材に対応し、研究効率の向上や研究力の向上に係る取り組みを推進していきます。
    文部科学省:令和4年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」の選定機関の決定について
    また、教職員のワーク・ライフ・バランスの推進としてベビーシッター派遣事業割引券の配付や法令を上回る本学の育児休業制度や育児休業給付を設けるなど男女共同参画への取り組みも行っています。また女性教員に対する研究費支援も実施しています。

教職員募集のお知らせ一覧へ戻る