Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. [学部・学科] 生命・環境科学部
  3. 環境科学科

印刷用ページ

環境科学科について

基礎科学実習

学びのポイント

環境問題の全体像と基礎を1年次から学ぶ

現在、地球上で起こっている環境問題の全体像を理解し、専門教育へつなげるための基礎科学を1年次から配置。また、実社会で求められる基礎人文社会、国際活動や専門科目の学習に必要となる語学を学んでいきます。

段階的な学びにより専門家を育成する

環境の専門家を育成するための実習を1年次から配置。2年次からは、環境問題の解決や環境保全に必要な能力を高める専門科目を順次配置。環境調査や環境・衛生管理に求められる知識を段階的に身につけます。

環境を通して社会に貢献できる人材の育成

科学的根拠に基づいて的確な評価・判断・予測等ができる実践力や対応力を育成するための課題研究、環境ビジネス論などの発展・展開科目を設置。環境問題に関する解決能力で社会に貢献できる人材を育成します。

ココが大事!

さまざまな環境問題を衛生・分析・評価を軸に学ぶ

環境問題
地球規模から身近な生活まで、さまざまな環境問題を正確に把握し、対応していくために「衛生」「分析」「評価」を軸とした科学的手法を学んでいきます。

研究室ピックアップ

環境分析学研究室

環境分析学研究室
環境分析学研究室では、環境中に存在するさまざまな物質を分析・評価し、その生物影響を調べる研究を行っています。生物影響の調査対象は動物から植物、遺伝子レベルの微細なものまで、幅広い選択肢の中から選択することが可能です。私たちのように、沿岸海水中にごく微量に含まれる重金属元素を分析することで汚染状況を明らかにする研究(日野さん)や、環境中に存在する新規の化学物質が人体に与える変異原性を簡単な操作で試験する方法の開発(吉田さん)など、学生の興味に応じた研究に取り組むことができます。

環境衛生学研究室

環境衛生学研究室
環境衛生学研究室では、がんの原因とされている化学物質や、がんを抑制する食品などについて研究しています。その中でも私は、レタスやほうれん草といった葉物野菜の抗変異原性の研究に取り組んでいます。抗変異原性とは、がんになりにくくする力のことで、葉物野菜に含まれるポリフェノールの一種にそのような力があります。どんな葉物野菜をどれだけ食べれば効果があるのか、その成分を抽出してさまざまな試験をすることで、がん治療の研究に貢献することをめざしています。

環境生物学研究室

環境生物学研究室
野生動物や魚介類の寄生虫、ゴキブリなどの衛生昆虫に対する新しい防除方法の検討、ショウジョウバエを用いた食品成分の有効性(老化防止、幹細胞への影響)の分析などをテーマに研究を行っています。中でも私が取り組んでいるのは、魚に寄生するアニサキス属線虫の研究です。魚を生食することで人に感染し、胃や腸に侵入してアニサキス症という病気を引き起こす寄生虫の感染力について、胃内や腸内の環境を再現した寒天培地を使って実験を行い、分析しています。

卒業生メッセージ

環境科学科では、環境の質を分析・評価し、適切な対策を実践できる環境技術者、環境のスペシャリストを育成。卒業生は、コンサルタントなどの環境サービスや公的機関など、広範な企業・団体での活躍が期待されます。

エネルギーを無駄なく使うことに分析の面から貢献する

熱量分析 小川祐樹さん
平成24年度 生命・環境科学部 環境科学科卒業
常磐開発株式会社勤務
熱量分析 小川祐樹さん

大学で取り組んでいた機器分析の経験を生かせる仕事を探していたところ、常磐開発株式会社に出会いました。ここでは環境分析業務だけでなく、廃棄物処理事業など、多岐にわたる環境保全型事業を行っています。福島という土地で環境問題に深く貢献していることに魅力を感じ、地元の復興に少しでも役立ちたいと思ったことが、就職先を選択する決め手となりました。現在は主に石炭の熱量分析を担当していますが、正確なデータ検出に必要となる分析の基礎的なスキルは、大学で学んだことがとても役立っていると実感します。また、世界的に資源・エネルギー問題が深刻化している現状で、エネルギーを無駄なく効率よく使うことに生かされる熱量分析で、社会に貢献できていることが仕事のやりがいとなっています。今後は、全国的にもめずらしい熱量分析という仕事を自分の専門分野としてマスターするだけでなく、環境計量士などの資格取得もめざしていきたいです。

メディアBOX
特設サイト
ISO委員会

環境衛生学実習 環境衛生学実習
生活環境や作業環境で健康に影響をおよぼす、主な物理的環境要因や化学的環境要因について学びます。また、それらの測定法や測定結果の評価などについて実習することで、環境スペシャリストの育成をめざします。

環境計量分析学実習 環境計量分析学実習
試料の前処理、測定、データ解析など、環境分析を行うための一連の操作を通じて、環境の質を把握するための分析方法を学びます。また、分析により得られる各種データを、的確に解釈できる能力を養います。

ページのトップへ