Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. [学部・学科] 生命・環境科学部
  3. 食品生命科学科

印刷用ページ

食品生命科学科について

栄養学実習

学びのポイント

食品科学の仕事を1年次から学んでいく

食品科学分野の第一線で活躍するエキスパートを講師に迎えた授業を実施。食品業界をはじめ、食品科学を生かせる仕事の全体像を具体的に学びます。また、社会での活躍を見据えた一般教養科目も充実しています。

ふたつの方向から食を科学する

食育教育と食の健康・医療分野への応用を探求する「フードアプリケーションサイエンス分野」と、食の安全・安心を正確に把握し、評価する「フードレギュラトリーサイエンス分野」。ふたつの方向から食を科学します。

充実した実習で実践力を身につける

充実した実習を通して、食品科学のあらゆる領域で幅広い知識と専門技術を修得し、食品を総合的に学習していきます。4年次には食品加工学・保蔵科学実習を実施。実践力に富んだ人材の育成をめざしています。

ココが大事!

フード・サイエンスの最前線を考察

フードサイエンス
食品の安全性と生命科学を研究していく領域で、生活に密接した「食」の分野に将来どのようにかかわっていくのか考察するため、1年次からフード・サイエンスの最前線について理解を深めていきます。

研究室ピックアップ

食品衛生学研究室

食品衛生学研究室
食べ物に含まれている食中毒菌などの危険物質に対して、どのように対応していけばよいかを、さまざまな実験を通じて研究していきます。研究テーマは、食べ物の中に含まれている食中毒菌をより正確に見つけ出す検査方法の開発(國武さん)、卵の加工品を対象とした黄色ブドウ球菌の新型毒素についての研究(湯口さん)などが挙げられます。実際に手を動かしながら食中毒菌の性質などを研究していくので、教科書を読むだけでは得られない深い学びが実践できます。

食品栄養学研究室

食品栄養学研究室
必須脂肪酸のひとつであるオメガ3系脂肪酸は、現代の食生活で不足している脂肪酸で、動脈硬化・心筋梗塞予防、アレルギー症状の緩和などの効果があることで知られています。食品栄養学研究室ではマウスを用いて、その有用性を実験していますが、私が取り組んでいるテーマはアレルギー症状の緩和です。実験ではオメガ3系脂肪酸を含む試料を与える群、含まない試料を与える群、それぞれ途中で試料を切り替える群の計4群にマウスを分けて、効果の違いを調査しています。

食品生理学研究室

食品生理学研究室
食品には栄養素としての機能とともに、おいしさを満足させるための感覚機能、病気の予防・回復など生体のはたらきを調節する機能が備わっています。食品生理学研究室では、これらの3つの機能を中心に行動・組織化学・電気生理学的手法を用いて研究を行い、食品に含まれる化学成分が関節炎などの痛みを和らげるメカニズムを解明していきます。私たちの健康を維持するための新たなヒントを、食品という視点で人体のしくみを研究することを通して一緒に見つけていきましょう。

卒業生メッセージ

食品生命科学科では、食の安全・安心にかかわる分野の研究者・技術者を育成します。卒業生は、食品製造業をはじめ、化学工業、食品検査機関、公的機関など、専門技術を生かした分野での活躍が期待されています。

食べ物の魅力を多くの人に伝えていきたい

販売 今井美鈴さん
平成24年度 生命・環境科学部 食品生命科学科卒業
株式会社原田 勤務
販売 今井美鈴さん

元々、おいしいものを食べることが大好きでした。私の場合、ただおいしいと思って終わるのではなく、どんな素材を使ってどのように作っているのか、おいしさの理由をきちんと解明して、その魅力を伝えたくなります。高校生のとき、株式会社原田のラスクを食べ、そのおいしさに感動したときにも、同じことを思いました。麻布大学に入学後は、高校で選択していなかった生物を頑張って勉強しました。また、大学の学習サポートをフル活用し、卒業時には学業成績優秀者に選ばれてとてもうれしかったです。ほかにもさまざまなことを学び経験しましたが、特に食品栄養学などの実習を通して、“自ら考える力”が高められたと思います。現在は店舗に立ち、主に販売の業務に携わっています。お客さまから「赤ちゃんが食べても大丈夫な商品はありますか?」と尋ねられたときに、食品の成分に基づいてきちんと説明できるのは、大学での学びのおかげです。今後も努力を重ね、一人でも多くのお客さまに満足してもらえるように頑張りたいと思います。

メディアBOX

食品衛生学実習 食品衛生学実習
食品の安全性の評価と品質評価を行うために必要な、理化学的および細菌学的手技を修得します。市販食品の微生物汚染状況など、私たちの食生活に即した試験検査を行うことで、その知識や技術を高めていきます。

栄養学実習 栄養学実習
栄養学で学んだ内容の一部をヒトや生体試料、実験動物を用いて自分の目で確認。正確な操作に基づいた実験力を磨いていきます。また、実験の観察とレポートを通して、結果を理論的に考えられる力を養います。

ページのトップへ