Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会

[獣医学部]ヒトと動物の未来を見つめる本物のスペシャリストをめざして 獣医学科 研究室一覧 教員一覧 主な就職・進学先 動物応用科学科 研究室一覧 教員一覧 主な就職・進学先

  1. HOME
  2. [学部・学科] 獣医学部

印刷用ページ

獣医学部 獣医学科・動物応用科学科

獣医学部のAdmission Policy(求める学生像)

獣医学部は、「幅広い獣医学および動物応用科学教育を行い、生命と福祉に係る科学者としての責任感に基づいて、社会的使命を正しく遂行し得る獣医師および動物応用科学の専門家を育成するとの理念に基づき、社会より与えられた責任に対して応えられ、かつ、国際的視野を持つことができる人材を養成する」ことを教育理念・目的とする。
この目的を達成するために、次のような資質を持つ人材を求めている。
1. 人や動物に対する思いやりの心を持ち、社会に貢献する意志を持っている人
2. 学習意欲が旺盛で、高等学校までの基礎学力、特に生物・化学を含む理科の学力が十分に備わっている人

獣医学科

学科の目的

獣医師としての科学的思考力と応用能力を展開させ、生命と福祉にかかわる科学者としての社会的使命を遂行できる能力および動物の生理や病態、疾病の処置とその予防ならびにヒトと動物の感染症、動物性食品衛生および環境衛生に関する科学的知識と技術を併せ持つ人材の養成を目的とする。

Admission Policy(求める学生像)

獣医師として高い倫理観を有し、高度な専門知識・技術を身につけて社会に貢献できる人材を養成することを目的に、次のような人物を求めている。

  1. 人や動物、自然が好きな人
  2. 獣医学に強い関心を持ち、獣医師になることについて明確な問題意識を持っている人
  3. 獣医師になるための情熱および他者への思いやりと奉仕の心、高い倫理観を持っている人

Diploma Policy(卒業時の到達目標)

  1. 獣医師としての専門分野の学問内容についての知識を習得
  2. 獣医師として、臨床・予防衛生・公衆衛生に対応できる専門家としての実践能力を習得
  3. 獣医師としての高い倫理観を有し、高度な専門職業人として責任を持った行動をとることができる
  4. 獣医師である高度な専門職業人として、課題発展能力・問題解決能力を習得し、獣医療の進歩や生命科学に関する社会のニーズの変化に、持続的に対応できる柔軟さと学習意欲を持つ

動物応用科学科

学科の目的

動物にかかわる生命科学を基盤として、人と動物のより良き関係を学び、人と動物の共生をめざして、遺伝子レベルから生態系レベルにいたる動物の保有する諸機能を人間生活に安全かつ効果的に活用するための知識と技術を教授し、人と動物にかかわる諸分野で活躍できる専門技術を備えた人材の養成を目的とする。

Admission Policy(求める学生像)

本学科の教育理念を理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち、本学での学習を通して人と動物と社会の接点で通用するキャリアを身につけ、動物応用科学の諸領域で活躍したいという強い意志と意欲を持った人物を求めている。

  1. 問題意識を持ちチャレンジ精神が旺盛である人
  2. リーダーシップと協調性を有し、動物応用科学の社会的使命をよく認識している人

Diploma Policy(卒業時の到達目標)

  1. 社会から求められる幅広い知識、教養と高い社会倫理を習得
  2. 社会から求められる語学力、コミュニケーション能力、問題発見・解決能力を習得
  3. 動物応用科学の領域の特性、その社会的責任、また動物応用科学の知識と技術を基に人間社会への貢献に寄与する
  4. 動物応用科学における最新の科学技術に立脚した生命科学と社会の発展に貢献する、論理的で科学的な思考を習得

動物にかかわる学びを通して、社会に貢献していきましょう

麻布大学 獣医学部長 土屋 亮 麻布大学 獣医学部長
土屋 亮

大都市近郊に広がるキャンパス内を、牛や豚などの家畜を扱うために、白いゴム長靴やつなぎの作業服を着た学生たちが闊歩している姿は、本学をはじめて訪れた人にとっては少し奇妙な風景なのかもしれません。しかし、それは動物にかかわる学問として、動物の健康や福祉、食糧の生産、人間の健康増進や環境保全などに取り組む、本学の獣医学部を形成する重要なイメージのひとつなのです。さまざまな夢を抱いて入学されてくる皆さんには、このキャンパスを舞台に、柔軟な思考をもって夢の周辺へと学びを拡大させながら、未来への可能性を広げていく姿勢に期待します。そして、本学で身につけた知識や技術をいろいろなカタチで社会に活用するだけでなく、その学びを基盤に、社会にとって特別な影響力を与えていける人材に成長していくことを願っています。

ページのトップへ