Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. [大学院] 大学院
  3. 環境保健学研究科
  4. 環境保健科学専攻

印刷用ページ

環境保健科学専攻

教育理念・目的

環境保健学研究科の教育理念・目的に基づき、環境保健科学専攻では、高い倫理観を養うとともに、バイオサイエンスを取り入れた臨床検査技術学領域と生命科学領域および環境科学領域における高度な専門知識と独創性の高い研究能力を培い、関連する分野で自立した研究者、指導者となる能力を養成することを目的とします。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

博士前期課程

博士前期課程では、国の内外を問わず、またこれまでの大学・学部での専攻学科にとらわれず高い基礎学力と、将来に対する明確な目標とそれぞれの各研究分野に対して強い興味を持った人物を求めています。

  1. 環境保健科学に強い関心を持ち学習意欲に富んだ人
  2. 社会人等でこれらの分野にかかわる業務に就いている人

博士後期課程

博士後期課程では、7つの専門分野あるいは関連する研究分野で修士号を取得した者または取得見込みの者を求めています。

  1. 高度な研究者、技術者あるいは統括指導者として活躍したい人
  2. 社会人等でこれらの分野にかかわる業務に就いている人

カリキュラム・ポリシー(教育の実施に関する基本的な方針)

博士前期課程

  1. 7つの専門分野のいずれかに所属し、必修科目として開講されている授業科目の講義、実験および実習により、その専門分野の基礎となる幅広い知識を習得します(22単位)。
  2. 他の専門分野の講義を4単位および共通科目として開設されている「科学英語」(ネイティブスピーカーが担当)および「科学者・研究者論」を含め8単位を修得します(合計30単位)。
  3. 授業科目の修得を通じて、環境保健科学分野の幅広い基礎知識を習得します。
  4. 授業科目を2年間で修得するとともに、修士論文を完成させるために入学後、早期に1人の研究指導教員および2人の副研究指導教員を決定し、3人の指導教員による総合的で綿密な指導を行います。

博士後期課程

  1. 各専門分野および環境保健科学分野の基礎となる幅広い知識を土台に、さらに高度な専門的知識を習得します。
  2. 所属する専門分野の「特別演習」および「特別実験」を3年間にわたって履修します(合計12単位)。
  3. 授業科目の修得を通じて、高度で専門的な博士(学術)にふさわしい学識を習得します。
  4. 授業科目を3年間で修得するとともに、博士論文を完成させるために入学後、早期に1人の研究指導教員および2人の副研究指導教員を決定し、3人の指導教員による総合的で綿密かつ高度な研究指導を行います。

ディプロマ・ポリシー(修了時の到達目標)

博士前期課程

  1. 博士前期課程にあっては、高い倫理観を養うとともに、コメディカルな分野に新しいバイオテクノロジーを導入した臨床検査技術学と生命科学および環境科学にかかわる諸問題を解明する基礎的かつ応用的能力を身につけて修了します。
  2. 高度な専門知識と技術を備えた有能な中堅研究者、技術者または統括指導者を育てます。
  3. 教育研究職等で活躍できる能力を持った人材を養成します。

博士後期課程

  1. 博士後期課程にあっては、独創性の高い研究能力を培い、関連する分野で自立した研究者、技術者または統括指導者になる能力を身につけて修了します。
  2. 自立した研究者、技術者または指導者として活躍できる人材を養成します。

修了者の進路

本専攻開設からこれまでの修了者の進路です。
教職/地方公務員/国家公務員/公益研究機関/食品関係企業/製薬関連企業/病院/検査センター関連企業/麻布大学大学院博士後期課程進学/他大学大学院進学 ほか

ページのトップへ