Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. [大学案内] 国際交流の取り組み

印刷用ページ

国際交流の取り組み

麻布大学では、国境を越えて活躍しようとする学生を、学術交流協定校への夏期短期海外研修プログラムなど、国際交流事業を積極的に展開することで応援。専門知識に加え、語学力と国際感覚を養うことで、活躍のフィールドは一気に広がります。

学術交流協定機関 8か国 13機関

本学が学術交流協定を締結している機関は、8か国13機関。学生は、夏期休業期間を2週間程度利用し、学術交流協定校で研修を行います。中でも積極的な交流活動を毎年行っているのが、麻布大学創立100周年を記念して獣医学部間で学術交流協定を締結した、アメリカ合衆国のペンシルヴァニア大学です。毎年14人前後の学生および教職員が、アメリカ合衆国の獣医学臨床教育を実体験すると同時に異文化に触れ、多くの貴重な経験を積んで帰国しています。

学術交流協定校

協定校名称 国名 設置形態 締結期 協定形態
国立台湾大学 台湾 国立 13年9月 獣医学部間
エディンバラ大学(準協定) スコットランド(英国) 公立 08年8月 大学-獣医学部間
モンゴル科学アカデミー モンゴル国 国立 08年7月 機関間
モンゴル大学 モンゴル国 国立 08年7月 大学間
フスタイ国立公園 モンゴル国 国立 08年7月 機関間
モンゴル自然史博物館 モンゴル国 国立 08年7月 機関間
チェンマイ大学 タイ王国 国立 07年1月 大学間
北京農学院 中華人民共和国 公立 06年10月 大学間
吉林農業大学 中華人民共和国 公立 05年4月 大学間
全北大学校 大韓民国 国立 04年4月 大学間
国立中興大学 台湾 国立 97年6月 大学間
ペンシルヴァニア大学 アメリカ合衆国 私立 90年11月 獣医学部間
アスンシオン大学 パラグアイ共和国 国立 86年2月 大学間

INTERVIEW


(写真左から)
鈴木 真奈美さん 獣医学部 獣医学科(6年次)静岡県立浜松西高等学校 出身
阪野 成美さん 獣医学部 獣医学科(5年次)愛媛県 私立愛光高等学校出身
平山 隆一郎さん 獣医学部 獣医学科(5年次)大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 出身
【研修先】アメリカ合衆国 ペンシルヴァニア大学、【研修期間】2014/8/2~8/19

学びの刺激にあふれた2週間を最先端の獣医療の現場で過ごす

2014年度の夏期短期海外研修プログラムに参加し、アメリカ合衆国のペンシルヴァニア大学で寮生活をしながら、現地の動物病院や研究施設で約2週間程度の実習を行ってきた鈴木さん、阪野さん、平山さんから、その体験談を聞いてみました。研修中は平日の朝から夕方まで、さまざまな診療科をまわって講義を受け、診療や手術を間近で見学しながら実践的な学びが得られたそうです。 専門用語が飛び交うなかでの「英語の壁」には苦労したという3人ですが、「わからない部分があっても質問すれば、とても丁寧に教えてくれたので、すぐに理解できました」(鈴木さん)と、充実したサポート体制について語ってくれました。また、「講義中でも次々質問が飛び出す、学ぶ場としてのすばらしい空気感に触れてとても刺激になりました」(阪野さん)、「疑問があればすぐに質問し、ディスカッションがはじまる。アメリカの学生たちから積極性の大切さを学びました」(平山さん)、「学生が問診をとって診察にも参加している実習の現場を見学して、自分ももっと頑張らなきゃと思いました」(鈴木さん)と、研修での体験が今後の学びのモチベーションにもつながることを後輩たちにアドバイスしてくれました。

ページのトップへ