Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. [附属・関連団体] 関連団体・リンク
  3. 麻布環境科学研究会

印刷用ページ

麻布環境科学研究会

麻布大学環境保健学部(改称 生命・環境科学部)の前身である麻布公衆衛生短期大学の設立以来、卒業生有志が学術研鑚のために始めた「研究交流会」が年々その輪を大きくし、卒業生達の年中行事とまでになりました。
そこで、さらに発展飛躍させて、環境衛生分野、臨床検査分野について高度な学術研究の発表の場とするため、大学側と卒業生が一体となった「麻布環境科学研究会」が、昭和56年に新たに発足しました。

本会の研究発表及び総会は毎年1回、学内の会場で、これまでに33回開催されています。環境保健に関するトピック的話題を公開特別講演として市民にも開放することによって地域及び学部の活性化にも貢献し、本研究会の評価は高くなっています。

本研究会をとおして自らの研究・開発の成果を多くの仲間に知ってもらうと共に、技術の交流、情報の交換などの場として、多くの卒業生、在校生、教職員が参加しております。

本研究会では、発表された学術研究の中で、最も優秀な学術研究発表に対して「麻布環境科学研究会越智賞」及び「麻布環境科学研究会賞」をそれぞれ授与し、表彰を行っています。

第36回(平成28年度)麻布環境科学研究会

第36回(平成28年度)麻布環境科学研究会を下記のとおり開催いたしますので、御案内申し上げます。
つきましては、一般演題として生命・環境科学部(旧:環境保健学部)の研究に関わる、臨床検査学・食品生命科学・環境科学・保健衛生学・環境政策学等、各分野からの研究発表を広く募集いたします。発表をご希望の方は、「2 一般演題の募集」に従い、お申し込みください。
なお、発表者は、本研究会の会員や麻布公衆衛生短期大学、麻布大学環境保健学部卒業生、生命・環境科学部卒業生・在学生、麻布大学大学院環境保健学研究科修了生・在学院生及び麻布大学教員といたします。

  1. 一般学術講演・市民公開講座
    1. 開催日時
      平成28年10月1日(土)10:00~(9:30から受付開始)
    2. 会場
      生命・環境科学部棟 1階 L101講義室
    3. 一般講演
      自由応募による生命・環境科学部(旧:環境保健学部)の研究に関わる、臨床検査学・食品生命科学・環境科学・保健衛生学・環境政策学等の各分野からの研究発表
    4. 市民公開講座
      講演テーマ:「健康な環境の創生をめざして」
      【講  演】
       講 師: 田 尾  博 明
            (産業技術総合研究所四国センター所長)
            演 題:「環境問題の歴史と分析技術の進歩」
       講 師: 高 田  秀 重
            (東京農工大学大学院農学府 教授)
            演 題:「有機化学物質による水域汚染のトレンドと将来展望」
       講 師: 鑪 迫(たたらざこ)  典 久
            (国立環境研究所環境リスク・健康研究センター拠点長)
            演 題:「バイオの眼で見る化学物質複合汚染」
    5. 参加費
      会員・非会員とも無料
    6. 懇親会
      市民公開講座終了後、「カフェテリアさくら」にて開催いたしますので、奮って御参加ください。
  2. 一般演題の募集
    1. 申込方法
      発表を希望される方は、演題、演者名、所属及び連絡先(代表者名、郵便番号、住所、電話番号、FAX番号、Mailアドレス)をe-kenkyu@azabu-u.ac.jpまでお送りください。
      後日、原稿ファイル(Microsoft Word形式)の送付先等の詳細を御連絡いたします。
    2. 一般演題 申込締切り
      平成28年7月29日(金)正午まで
    3. 講演要旨原稿作成要領
      1. 原稿は、図表を含めA4で2枚以内にしてください。講演要旨集には、原則として送付していただいた原稿をそのまま印刷いたします。
      2. 原稿は、上部20mm、左25mm、右25mm、下部30mmの余白を設け、必ず指定範囲内に執筆してください。
      3. 演題は、上端部に記入してください。フォントは明朝体あるいはゴシック体いずれの書体でも結構です。フォントサイズは12ポイントとし、中央揃えで作成してください。
      4. 演題が長い場合、あるいは副題がある場合には改行してください。
      5. 演者名は、演題か1行空けて記載し、次行に所属を書いてください。フォントは明朝体を用い、サイズは10~11ポイントの大きさで作成してください。
        なお、連名の場合は発表者名の左に○印を付けてください。
      6. 本文は、演者所属から1行空けて記載してください。フォントは明朝体を用い、10~11ポイントの大きさで作成してください。字数は1行42文字程度、行数は42行程度を目安にしてください。
      7. 見出はゴシック体を用いても結構です。
      8. 図表を記載する場合は、鮮明な黒線及び黒字から構成されたものとし、細かい線や字は避けてください。
    4. 発表時間
      発表時間は1演題10分(発表8分、質疑応答2分を予定)です。発表は、すべてプロジェクターを使用いたします。 会場にはWindowsパソコンを準備いたします。発表のデータは、Microsoft PowerPointで作成し、平成28年9月30日(金)までにUSBにて必着若しくは下記メールアドレスに添付して送ってください。USBメモリーは、発表終了後、受付にて返却いたします。発表内容は、責任を持って研究会終了後にPCから消去いたします。
    5. 講演要旨 原稿締切り
      平成28年8月31日(水)正午まで
    6. 越智賞・研究会賞
      本研究会の発表のうち、優れた発表者に越智賞・研究会賞が贈られます。
    7. お問い合わせ先
      御不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
       〒252-5201神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
       麻布環境科学研究会事務局(麻布大学事務局学術支援課内)
       Mail:e-kenkyu@azabu-u.ac.jp
       TEL:042-754-7111(内線2411) FAX:042-850-2511
       担当:柳原・神藤

ページのトップへ