Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. TOPICS一覧
  3. プレスリリース:「被災地の犬は強いストレスを受けていた」

印刷用ページ

企業向けトピックス

プレスリリース:「被災地の犬は強いストレスを受けていた」

2012年10月11日 22:00

 プレスリリース

【発表内容】

麻布大学獣医学部動物応用科学科では、動物トレーニング実習において、飼い主から遺棄された犬を保護施設から引き取り、トレーニングを施して里親に譲渡する活動を行ってまいりました。2011年度からは、3月11日の震災発生を受け、被災地から犬をできるだけ多く受け入れ、新しい家庭へと譲渡しております。引き取った当初は心身共に震災の影響を受けていた犬たちも、適切な管理を介して健康を取り戻し、多くの犬が里親に譲渡されました。その過程で、被災地から引き取った犬と、震災前に神奈川県の保護施設から引き取った犬の実習期間中における、ストレスの指標である尿中のコルチゾール値と行動特性を調べました。その結果、被災地から引き取った犬では、震災前に引き取った犬よりも尿中コルチゾール値が5から10倍高く、また学習能力や愛着行動が低下していることがわかりました。これらのことから、被災地からの犬は非常に強いストレスを経験していたことが明らかとなりました。この結果はイギリスの科学誌ScientificReports(2012年10月11日付け)に発表されます。


【発表者】

准教授 茂木 一孝(麻布大学 獣医学部動物応用科学科)/ 特任助教 永澤 美保 (麻布大学 獣医学部動物応用科学科)/ 教授 菊水 健史(麻布大学 獣医学部動物応用科学科)


取材申し込み・お問い合わせ先

麻布大学 総務部 経営企画課(入試・広報)山崎・池田
TEL:042-769-2032(直通)
〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
FAX:042-850-2505・E-mail:koho@azabu-u.ac.jp

プレスリリース:「被災地の犬は強いストレスを受けていた」プレスリリース:「被災地の犬は強いストレスを受けていた」

  1. 2016年度
  2. 2015年度
  3. 2014年度
  4. 2013年度
  5. 2012年度
  6. 2011年度
  7. 2010年度
  8. 2009年度
  9. 2008年度
  10. 2007年度
  11. 2006年度