Loading...
  • ARCHIVES
  • 入試情報
  • 大学案内
  • 学部・学科
  • 研究室
  • 大学院
  • 附属・関連団体
  • キャンパスマップ
  • TOPICS一覧
    入試速報
    MOVIE ARCHIVES
    PHOTO ARCHIVES
  • 募集情報・日程(大学)
    募集情報・日程(大学院)
    願書・資料請求
    各種進学相談会
    オープンキャンパス・ミニ・オープンキャンパス
    入試データ
    学納金
    奨学金制度
  • 学長挨拶
    年間スケジュール
    国際交流の取り組み
    大学の歴史
    大学の組織
    事務局
    大学情報公開
  • 獣医学部
    獣医学科
    動物応用科学科
    生命・環境科学部
    臨床検査技術学科
    食品生命科学科
    環境科学科
    シラバス・主な授業科目
    奨学金制度
    資格・就職
  • 研究室一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設一覧
    寄附講座一覧
    教員一覧
    獣医学科
    臨床検査技術学科
    動物応用科学科
    食品生命科学科
     
    環境科学科
    附属関連施設教員一覧
    寄附講座教員一覧
  • 大学院
    獣医学研究科
    環境保健学研究科
    大学院特別講義
    シラバス・主な授業科目
    出願資格
    奨学金制度
    単位互換情報
  • 附属教育研究組織
    附置生物科学総合研究所
    附属教育推進センター
    附属学術情報センター
    麻布大学附属高等学校
    附属動物病院
    小動物臨床研究室
    関連団体
    同窓会
    麻布大学生活協同組合
    麻布獣医学会
    研究・産学官連携
    麻布環境科学研究会
    毒性試験談話会
  • クラブ・サークル紹介
    学生生活支援
    施設・サービス
    キャンパス英会話
    麻布大学ハラスメント防止委員会
  1. HOME
  2. TOPICS一覧
  3. ヒトとイヌの生物学的絆を実証

印刷用ページ

企業向けトピックス

ヒトとイヌの生物学的絆を実証

2015年4月17日 03:00

 プレスリリース

ヒトとイヌの共生は1万5千年から3万年前に始まるとされている。従来イヌはヒトの最良の友と言われてきたが、その両者の絆は科学的な研究対象として扱われて来なかった。今回、両者の関係性が、哺乳類の母子間に共通に認められるような、オキシトシンと視線を主としたアタッチメント行動のポジティブループによって促進されるものであることを明らかにした。このポジティブループはオオカミとでは認められなかったことから、進化の過程でイヌが特異的に獲得したものであることも明らかとなった。
このようなヒトとイヌの異種間における生理学的な絆形成の存在は、イヌの優れた社会的能力を示すものであるとともに、イヌと生活環境を共有するヒトの社会の成り立ちの理解の手がかりになることが期待される。
本研究は麻布大学、自治医科大学並びに東京医療学院大学の共同研究で行われ、Science(2015年4月16日号)に掲載予定である。

本件に関する取材申し込み・お問い合わせ先

麻布大学 総務部 経営企画課 担当:池田 TEL:042-769-2032(直通)FAX:042-850-2505
〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71 E-mail:koho@azabu-u.ac.jp

  1. 2016年度
  2. 2015年度
  3. 2014年度
  4. 2013年度
  5. 2012年度
  6. 2011年度
  7. 2010年度
  8. 2009年度
  9. 2008年度
  10. 2007年度
  11. 2006年度