学校法人 麻布獣医学園

学園の概要ABOUT

理事長のご挨拶

理事長就任にあたって

 NUN06230.pngこの度、学校法人麻布獣医学園第16代理事長を拝命致しました。就任にあたりご挨拶を申し上げます。
 麻布獣医学園は明治23(1890)年、與倉東隆先生(明治15年駒場農学校卒業)が欧米留学で経験した獣医学教育を「日本での獣医畜産教育で実地面において力のある技術者の養成を目的にその実践のために役立てたい」と設立した東京獣医講習所がその淵源となっています。以来、その想いは本学の建学の精神である「学理の討究と誠実なる実践」として130年を数える麻布大学の教育の歴史に脈々と受け継がれております。
 この麻布獣医学園は今日に至り2学部5学科と2研究科3専攻及び附属動物病院を擁する麻布大学と、学園創立70周年記念事業で昭和36年に開校した附属高等学校の二つの組織を運営する学園になりました。本学園は学生・生徒の皆様のために、充実したキャンパスライフへの環境を備え、高等学校では優れた教員スタッフの熱意ある教育により生徒を希望する進路に導き、大学では経験豊かで高い専門性をもつ教員スタッフの教育・研究指導により学生の成長を促し、専門性を身につけさせ、その結果、高い就職率と、獣医師国家試験及び臨床検査技師国家試験合格率の向上を実現させています。また、麻布大学は高い研究力が強みであり、同規模同分野の競合他大学を凌ぐ競争的研究資金を毎年獲得しており、なかでも大学の教育研究理念である「地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして」を具現化するための本学初の学部横断的な研究事業が、平成28年度、厳しい競争の中、私立大学研究ブランディング事業として採択され、昨年度まで研究を遂行し、最終年度にはその研究成果発表のため国際シンポジウムを開催しました。そしてその後継事業として設立した「ヒトと動物の共生科学センター」も本年度から始まっており、「人と動物と環境の共生を科学する大学」として認知度をさらに高めるため、ここでの研究成果もこれから社会にどんどん発信していくことになります。
 最近の社会環境への大きな出来事として、昨年末から現在まで続いている新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりがあります。その中、我々の業務としている中等教育・高等教育はここに来て予想もしていなかった新しい教育法の展開が迫られ、オンライン授業を導入し、さらに今後の知識基盤社会で生き抜く人を育てるためにも附属高等学校でも大学においてもICT教育をさらに加速させなければなりません。学園としてはそれらに対応出来る情報環境の整備が急務となっています。また、少子化により18歳人口の減少と相まって全国的な大学進学者数の減少がすでに始まっており学校法人経営は益々厳しさが増して来ております。本学でも募集に課題を抱える学科が現れており、これらの解消が喫緊の課題であり、附属高等学校を含め、全学を挙げてこの課題に取り組んでいきます。また大学附属動物病院の改革も今年度新たに就任した病院長のもと、なお一層スピード感をもち、これを成功に導かなければなりません。
 これら附属高等学校、大学および大学附属動物病院の3部門の短期的あるいは中・長期的な課題に対して、これらを支える事務局とともに理事長としては現状を正確に把握・分析し、それらを教職員とともに共通認識し、実効性のある方針を策定し迅速にそれを実現させていきたいと考えております。
 麻布獣医学園は今年で創立130周年を迎えます。ここで麻布大学および附属高等学校は、21世紀に通用する人材を育成するために、前期理事会が提唱した学生・生徒第一主義を継承し、教育・研究設備の充実をすすめ、歴史と伝統に基づく確かな教育と将来の社会を見据えた新しい教育を新たに展開していきます。また、改革が始まったばかりの大学附属動物病院では地域の臨床家から信頼される獣医療と先進的な獣医療技術を展開し、魅力ある学園創りと経営の安定化に取り組んでまいります。今後とも皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和2年6月15日 理事長 浅利昌男

理事長プロフィール

1951年静岡市生まれ。獣医学博士。

略歴
1974年3月 麻布獣医科大学獣医学部獣医学科卒業
1976年3月 岩手大学大学院農学研究科獣医学専攻修士課程修了
1984年8月 コーネル大学獣医学部在外研修
1990年3月 テキサスA&M大学獣医学部短期在外研修
2005年6月 麻布獣医学園評議員
2007年6月 麻布獣医学園理事
2010年4月 麻布大学獣医学部長
2014年6月 麻布大学長(現在に至る)
2020年6月 学校法人麻布獣医学園理事長(現在に至る)
研究内容

獣医解剖学、獣医臨床解剖学、リンパ管学

担当科目 獣医学概論、地球共生論
社会活動 一般社団法人日本私立獣医科大学協会会長
神奈川県私立大学連絡協議会監事
私立大学協会評議員
日本動物福祉協会顧問