学校法人 麻布獣医学園

学園の概要ABOUT

学園の歩み

学園の沿革

本学は建学の精神に基づき、一途に獣医畜産学の教育研究に精進してきたが、獣医師法の一部改正に伴い、昭和53年4月から獣医学教育年限延長の第1年次が 発足した。一方、経済成長に伴う社会の要請により人間の健康維持と、これを阻害する環境因子との相互関係を総合的に把握し、究明する創造力に富んだ研究者並びに専門技術者を養成する目的で環境保健学部を開設した。また、環境保健学部の設置に伴い、大学名を昭和55年4月から「麻布大学」と変更した。
創立以来110余年、幾多の変遷を経て今日、獣医、環境保健両学部、そして、平成20年度から環境保健学部を改組し新たに設置した「生命・環境科学部」と大学院からなる特色ある大学に発展した。なお、昭和58年5月には、学校教育法の一部が改定され、獣医学教育の修業年限が6年と定められ、昭和59年4月の入学者から学部6年の一貫教育が行われるようになった。その歩を要約すると次のとおりである。

明治

明治23年(1890年)9月 與倉東隆が、東京市麻布区本村町(現,港区南麻布2-9)に東京獣医講習所を開設
明治27年(1894年)4月 麻布獣医学校開設
明治28年(1895年)10月 麻布区新堀町に校舎新築
明治45年(1912年)3月 麻布獣医畜産学校と改称

大正

大正9年(1920年)9月 学校設置者を個人から財団法人に改め、財団法人麻布獣医畜産学校を設立

昭和

昭和9年(1934年)4月 麻布獣医専門学校に校名変更
昭和19年(1944年)12月 麻布獣医畜産専門学校と改称
昭和20年(1945年)5月 戦災により学園諸施設焼失
昭和20年(1945年)10月 東京都立園芸学校の施設にて授業を再開
昭和21年(1946年)3月 神奈川県高座郡寒川町にあった旧海軍相模工廠跡に移転
昭和21年(1946年)6月 寒川学生寮を開設
昭和21年(1946年)11月 立川市に移転
昭和22年(1947年)6月 現在地(神奈川県相模原市)に移転
昭和22年(1947年)10月 麻布蹄鉄専修学校廃止
昭和25年(1950年)4月 学制により麻布獣医科大学として開学(第1・2年次同時開講認可)
昭和26年(1951年)3月 経営母体の組織が財団法人から学校法人に変わり学校法人麻布獣医学園となる
昭和27年(1952年)3月 麻布獣医畜産専門学校廃止
昭和31年(1956年)4月 獣医学科教職課程(高等学校教諭2級普通免許状理科、中学校教諭1級普通免許状理科)認定
昭和32年(1957年)4月 獣医学部獣医学専攻科開設
獣医学科教職課程(高等学校教諭2級普通免許状農業)認定
昭和32年(1957年)9月 講堂竣工
昭和35年(1960年)3月 大学院修士課程開設、同年4月開講
昭和35年(1960年)11月 学園創立70周年記念式典挙行
昭和36年(1961年)5月 渕野辺高等学校開校
昭和37年(1962年)3月 大学院博士課程開設、同年4月開講
昭和39年(1964年)4月 学生寮竣工
昭和39年(1964年)6月 体育館竣工
昭和40年(1965年)4月 麻布公衆衛生短期大学開学
昭和40年(1965年)8月 獣医学部鉄筋4階建研究室等一部竣工
昭和41年(1966年)8月 同学部の教室関係棟竣工
昭和43年(1968年)8月 同学部実習室・研究室等竣工
昭和45年(1970年)4月 麻布公衆衛生短期大学校舎竣工
昭和45年(1970年)11月 学園創立80周年記念式典挙行
昭和46年(1971年)8月 動物病院棟竣工(現5号館)
昭和51年(1976年)2月 獣医学部に家畜環境学科を新設、4月から開講
昭和52年(1977年)4月 家畜環境学科教職課程(高等学校教諭2級普通免許状農業)認定
昭和53年(1978年)2月 環境保健学部設置認可
昭和53年(1978年)4月 環境保健学部開設
麻布公衆衛生短期大学は学生募集を停止
家畜環境学科教職課程(高等学校教諭2級普通免許状理科、中学校教諭1級普通免許状理科)認定
昭和53年(1978年)11月 獣医学部獣医学専攻科廃止
昭和54年(1979年)2月 環境保健学部環境保健学科教職課程(中学校教諭2級普通免許状理科、高等学校教諭2級普通免許状理科)認定
衛生技術学科教職課程(中学校教諭1級普通免許状保健、高等学校教諭2級普通免許状保健)認定
昭和54年(1979年)3月 環境保健学部鉄筋4階建校舎竣工、管理棟(本館)鉄筋2階建竣工
昭和54年(1979年)6月 麻布公衆衛生短期大学廃止
昭和54年(1979年)12月 大学名、学科名の変更認可
昭和55年(1980年)4月 麻布獣医科大学を麻布大学に名称変更、同時に獣医学部家畜環境学科を環境畜産学科に変更
昭和55年(1980年)11月 学園創立90周年記念式典挙行
昭和56年(1981年)2月 附属図書館竣工、5号館増築
昭和57年(1982年)1月 麻布大学大学院獣医学研究科獣医学専攻(修士課程)入学定員15人から120人に変更
獣医学教育年限延長に伴う麻布大学大学院獣医学研究科獣医学専攻(修士課程)開講
昭和57年(1982年)3月 6号館竣工
昭和58年(1983年)3月 厩舎竣工
昭和59年(1984年)4月 獣医学教育6年制発足
昭和60年(1985年)10月 渕野辺高等学校が、麻布大学附属渕野辺高等学校に名称変更認可
昭和61年(1986年)3月 学生寮廃止
昭和61年(1986年)4月 大教室竣工、7号館竣工
昭和61年(1986年)7月 牛舎竣工
昭和62年(1987年)3月 豚舎竣工
昭和62年(1987年)6月 糞尿処理施設竣工
昭和63年(1988年)2月 動物実験研究施設設置
昭和63年(1988年)4月 附置生物科学総合研究所設置

平成

平成元年(1989年)12月 大学院獣医学研究科博士課程(4年制)認可
獣医学部環境畜産学科・環境保健学部の期間付入学定員増に係る学則変更認可
平成2年(1990年)4月 大学院獣医学研究科博士課程(4年制)開講
平成2年(1990年)11月 学園創立100周年記念式典挙行
平成5年(1993年)3月 大学院獣医学研究科動物応用科学専攻(修士課程)設置承認
平成5年(1993年)4月 大学院獣医学研究科動物応用科学専攻(修士課程)開講
平成5年(1993年)7月 学生ホール竣工
平成5年(1993年)12月 獣医学部動物応用科学科の設置認可
平成6年(1994年)3月 獣医学部動物応用科学科教職課程(理科コース:中学校教諭一種免許状理科、高等学校教諭一種免許状理科、農業コース:高等学校教諭一般免許状農業)認定
附属渕野辺高等学校武道館竣工
大学院環境保健学研究科環境保健科学専攻(修士課程)の設置認可
平成6年(1994年)4月 獣医学部動物応用科学科開講、獣医学部環境畜産学科は募集停止
大学院環境保健学研究科を開設、環境保健科学専攻(修士課程)は同日から開講
獣医学部動物応用科学科教職課程(理科コース:中学校教諭一種免許状理科、高等学校教諭一種免許状理科、農業コース:高等学校教諭一般免許状農業)認定
獣医学部並びに環境保健学部に学芸員課程開設
平成7年(1995年)2月 大学院獣医学研究科動物応用科学専攻(修士課程)収容定員変更
平成7年(1995年)3月 大学院獣医学研究科動物応用科学専攻博士課程(後期)設置承認
平成7年(1995年)4月 大学院獣医学研究科動物応用科学専攻博士課程(前・後期)開講
8号館竣工
平成7年(1995年)12月 大学院環境保健学研究科環境保健科学専攻博士課程(後期)設置承認
平成8年(1996年)4月 大学院環境保健学研究科環境保健科学専攻博士課程(前・後期)開講
平成9年(1997年)7月 麻布大学附属動物管理センター設置
麻布大学学生部保健課を麻布大学健康管理センターに組織変更
平成10年(1998年)2月 環境保健学部環境保健学科を健康環境科学科へ名称変更認可
平成10年(1998年)4月 環境保健学部健康環境科学科開講、環境保健学科は募集停止
平成10年(1998年)12月 環境保健学部環境政策学科の設置認可
獣医学部動物応用科学科・環境保健学部健康環境科学科・衛生技術学科の期間付入学定員増に係る学則変更認可(平成11年度まで)
平成11年(1999年)3月 獣医学部環境畜産学科廃止
平成11年(1999年)4月 環境保健学部環境政策学科開講
平成11年(1999年)6月 獣医臨床センター竣工
平成11年(1999年)7月 獣医学部動物応用科学科・環境保健学部健康環境科学科・衛生技術学科の期間付入学定員増に係る学則変更認可(平成16年度まで)
獣医学部動物応用科学科・環境保健学部健康環境科学科・衛生技術学科の期間付入学定員の廃止に伴う収容定員増に係る学則変更認可
平成11年(1999年)10月 環境保健学部健康環境科学科・衛生技術学科の編入学定員設定認可
平成12年(2000年)2月 環境保健学部衛生技術学科教職課程(中学校教諭一種免許状理科、高等学校教諭一種免許状理科)認定
環境保健学部環境政策学科教職課程(中学校教諭一種免許状社会、高等学校教諭一種免許状公民)認定
9号館竣工
平成12年(2000年)4月 麻布大学附属図書館と麻布大学附属情報処理センターを統合し、麻布大学附属学術情報センターを設置
平成12年(2000年)5月 学園創立110周年記念式典挙行
麻布大学クラブハウス竣工
平成14年(2002年)9月 百十周年記念会館竣工
平成14年(2002年)10月 麻布総合グラウンド竣工
平成14年(2002年)12月 大学院環境保健学研究科環境衛生政策専攻(修士課程)設置承認
平成15年(2003年)3月 大学院獣医学研究科獣医学専攻教職課程(中学校教諭専修免許状理科、高等学校教諭専修免許状理科、高等学校教諭専修免許状農業)認定
大学院獣医学研究科動物応用科学専攻教職課程(中学校教諭専修免許状理科、高等学校教諭専修免許状理科、高等学校教諭専修免許状農業)認定
大学院環境保健学研究科環境保健科学専攻教職課程(中学校教諭専修免許状理科、高等学校教論専修免許状理科)認定
大学院環境保健学研究科環境衛生政策専攻教職課程(中学校教諭専修免許状社会、高等学校教諭専修免許状公民)認定
平成15年(2003年)4月 大学院環境保健学研究科環境衛生政策専攻(修士課程)開講
平成15年(2003年)10月 事務組織を抜本的に改組(企画課、庶務課、入学広報課、研究交流課、教務課、共同施設事務室等の設置、各課等の事務分掌整理)
平成18年(2006年)7月 獣医学部動物応用科学科の入学定員増に係る学則変更認可
平成18年(2006年)8月 獣医学部棟竣工
平成18年(2006年)12月 事務組織を一部改組(共同施設事務室廃止等)
平成19年(2007年)4月 麻布大学獣医学部附属動物病院を麻布大学附属動物病院に組織及び名称変更
麻布大学附属教育推進センターを設置
事務局に改革室を設置
平成19年(2007年)7月 生命・環境科学部臨床検査技術学科、食品生命科学科及び環境科学科の設置届出
生命・環境科学部臨床検査技術学科、食品生命科学科及び環境科学科編入学定員設定届出
平成19年(2007年)12月 生命・環境科学部臨床検査技術学科教職課程(中学校教論一種免許状理科、高等学校教論一種免許状理科)認定
生命・環境科学部食品生命科学科教職課程(中学校教論一種免許状理科、高等学校教論一種免許状理科)認定
生命・環境科学部環境科学科教職課程(中学校教論一種免許状理科、中学校教論一種免許状社会、高等学校教論一種免許状理科、高等学校教論一種免許状公民)認定
平成20年(2008年)4月 生命・環境科学部臨床検査技術学科、食品生命科学科及び環境科学科開講、環境保健学部健康環境科学科、衛生技術学科及び環境政策学科は募集停止
麻布大学研究推進・支援本部を設置
平成20年(2008年)10月 事務組織を改組(総務部及び教務部の二部制施行、監査室及び事務改革室の設置)
平成22年(2010年)3月 CompanionDogLaboratory(コンパニオン・ドッグ・ラボラトリ)竣工
平成22年(2010年)4月 事務局総務部経営企画課に事務支援センターを設置
平成23年(2011年)9月 生命・環境科学部棟、麻布獣医学園アリーナ及び特別高圧変電所竣工
平成24年(2012年)4月 事務局総務部経営企画課に学長室を設置、事務改革室を業務終了に伴い廃止
平成25年(2013年)3月 環境保健学部健康環境科学科、衛生技術学科及び環境政策学科廃止
事務局総務部経営企画課事務支援センター廃止
平成26年(2014年)4月 麻布大学附属渕野辺高等学校が麻布大学附属高等学校に名称変更