学校法人 麻布獣医学園

教育・研究施設EDUCATION

学術交流・地域連携

学術交流

地域連携に関する情報はこちら

本学では高度な専門知識に磨きをかけるだけでなく、バランスのとれた国際感覚や実践的な語学力を身につけるための国際交流を積極的に展開しています。

協定校への留学、共同研究、長期研修などプログラムも多彩。そのための準備・支援体制も万全に整え、国境を超えて地球規模で活躍する学生の第一歩を力強くサポートしています。

交流の目的

動物との共存、環境汚染、食糧危機、食品衛生といった問題は、国境を越えて世界共通のテーマです。
これに取り組むためには、互いの国々が学術交流を深めるとともに、 学生たち自身も日本以外の国々の文化・習慣に触れ、 国際的な視野を広めておくことが必要です。
こうした観点から、麻布大学では10数年前から南米パラグアイのアスンシオン大学と学術協定を結んでいるほか、 ペンシルベニア大学、台湾の国立中興大学とも学術協定を結び、活発な交流を行っています。

交流内容

具体的な活動内容は、学生の短期留学、教員の長期研修、共同研究および招聘教員による特別講演など。
中でも獣医学部が学部間協定を結んでいるペンシルベニア大学には、毎年10名前後の学生が約2週間の短期留学を行っています。
また、学術協定校以外にも各研究室レベルで、海外の大学・研究機関と共同研究が意欲的に行われています。
たとえば免疫学研究室では、オハイオ州立大学と犬の感染症に関する共同研究を、 遺伝子生物学研究室では北アイルランドの大学に学生が留学し、分子生物学の共同研究を展開しています。
一方、海外から学ぶだけでなく留学生の受け入れも行っており、 日本の優れた技術を身につけるため、さまざまな国の留学生が本学で学んでいます。

地域連携

相模原市とのコラボレーション

相模原市矢部駅周辺における「アザプト活動」の成果(麻布大学、相模原市、(社)食品容器環境美化協会の三者による共同研究契約に基づく実施・調査・研究の活動成果です。)

成果の詳細はこちら (PDF:1325KB)

学校法人麻布獣医学園 麻布大学とNPO法人緑のダム北相模との「連携協力に関する包括協定」の調印式

協定締結の趣旨

麻布大学は、従来より『地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして~』のスローガンのもと、獣医臨床、ライフサイエンス及び環境分野における教育研究を展開してきました。一方、NPO法人緑のダム北相模は、「環境(森林)破壊という負の遺産を子孫に残してはならない」という理念のもとに、森林整備ボランティア活動を行い市民レベルでの森づくり運動を展開してきました。
このような中、麻布大学では2015年に創立125周年を迎えるにあたり、さらに地域との連携を強化すべく、NPO法人緑のダム北相模と連携協力に関する包括協定を締結することとなりました。
今後、麻布大学とNPO法人緑のダム北相模は共同して、森づくりボランティア活動や地域の小中高への環境教育等といった活動を通じて、地域の活性化を図るとともに、野生動物の保護活動と生態系調査、環境教育等の学際的な研究教育分野においても、多くの分野で連携をしていくこととしています。

アファンの森財団と麻布大学の学術交流協定記念フォーラム開催しました

2010年3月7日(日)に財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団と麻布大学 学術交流協定記念フォーラム「生き物のための森づくり~黒姫・アファンの森での取り組み~」が麻布大学 大教室にて開催されました。

~黒姫・アファンの森での取り組み~

財団法人C. W. ニコル・アファンの森財団と麻布大学 学術交流協定記念フォーラム
Forestry for Plants and Animals - a trial at Afan Woodland -
長野県の黒姫に「アファンの森」という名の森があります。この森は荒廃した日本の里山に生き物を呼び戻そうと、日本の自然を心から愛するC・Wニコルが20数年前から少しずつ買い取ってきたものです。その森作りの方針は「生物多様性」の復活で、伝統的な日本の森林管理によって多くの生き物たちが戻ってきました。
このたび、アファンの森の再生をより学術的な視点で評価し、また教育の場としても活動をする目的でアファンの森財団と麻布大学とが学術交流協定を結ぶことになりました。これを記念してフォーラムを開催いたします。
日本中の森が、野生動物と共に暮らせる豊かな森になるように、そんな願いを込めて、アファンの森でこれまでどのような森の再生を行ったのか、それに対して生物たちはどのように評価してくれたのかを考える場にしたいと思います。