学校法人 麻布獣医学園

学園の概要ABOUT

基本データ

麻布大学を中心として、多くの関連設備を保有。

本学のルーツは遡ること120年前の1890年(明治23年)に、東京麻布に獣医師養成の「東京獣医講習所」を開設したのを起源としています。

法人名

学校法人 麻布獣医学園

理事長名

柏崎 直巳

所在地

〒252-5201 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71
TEL:042-754-7111(代)FAX:042-754-7661

教職員数

常勤

教 員:183 人(兼務者数除く)(平成28 年7 月1 日現在)(人)

kyoin_1.png

注)( )は、兼務者数を表す。

学生・生徒数

(平成28 年5 月1 日現在)(人)

kyoin_2.png

学習環境

キャンパス等

区分敷地面積(㎡)
淵野辺キャンパス 神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-71 110,078.31
敷地面積合計110,078.31

建物

区分建物名称建物の主な内容床面積(㎡)構造・階建











獣医学部棟 獣医学部実習室、研究室、実験サポート室、共用機器室 19,348.37

鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根7階建

生命・環境科学部棟 生命・環境科学部実習室、研究室、高大共用講義室、共用機器室、自習室 1,032,325 鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根6階建
6号館 研究室、食肉加工場、水生生物飼育室 2,685.03 鉄筋コンクリート造陸屋根4階建
7号館 研究室、手術室、X線室 1,233.86 鉄筋コンクリート造陸屋根4階建
8号館 講義室、コンピュータ・LL教室、百周年記念ホール、事務局各課 6,387.84 鉄骨鉄筋コンクリート造亜鉛メッキ鋼板葺8階建
9号館 メディアステーション、講義室、研究室 4,704.40 鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根4階建
大教室 468.22 鉄筋コンクリート造陸屋根平家建
生物科学総合研究所 事務室、飼育室、実験室 3,423.22 鉄筋コンクリート造陸屋根5階建
本館 事務局各課、学生相談室、就職相談室、会議室 1,656.95 鉄筋コンクリート造陸屋根2階建
学術情報センター(図書館) 図書館 1,846.96 鉄筋コンクリート造陸屋根3階建地下1階
獣医臨床センター 附属動物病院、小動物飼育施設、ハイテク・リサーチセンター 5,583.43 鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付6階建
産業動物臨床教育センター 講義室、実習室、手術室、X線室、ゼミ室 2,911.30 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
コンパニオン・ドッグ・ラボラトリ 「動物トレーニング実習」を本格的に行う施設 214.11 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平屋建
豚実習場 238.43 鉄骨造合金メッキ鋼板葺平家建
教育用動物繋留施設 164.03 軽量鉄骨プレハブ造平家建
学生ホール 生協、部室 1,276.08 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
クラブハウス1 部室、音楽練習場、土俵、ボクシング練習場 729.75 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
百十周年記念会館 764.01 鉄骨造ルーフィング葺2階建
カフェテリアさくら 学生食堂 578.81 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平家建
テラスいちょう 学生食堂、生協、同窓会事務室、会議室 1,868.96 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
ウィンドチャイム ラウンジ、セミナールーム、談話室 176.04 鉄骨造合金メッキ銅板葺平家建
空手道場 197.55 軽量鉄骨プレハブ造平家建
小動物舎1 280.50 鉄骨造陸屋根平家建
小動物舎2 手術室、飼育室 213.84 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平家建
鶏舎1 51.84 軽量鉄骨プレハブ造平家建
鶏舎2 25.92 軽量鉄骨プレハブ造平家建
厩舎 476.97 鉄骨造鉄板葺一部2階建
厩舎(小) 18.90 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平屋建
豚舎 597.34 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
牛舎 728.72 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺平家建
危険物倉庫 7.68 コンクリートブロック造波スレート葺平家建
倉庫(守衛所横) 38.66 鉄筋コンクリート造陸屋根平家建
正門守衛所 28.57 鉄筋コンクリート造平家建
東門守衛所 20.12 軽量鉄骨プレハブ造平家建
南門守衛所 8.82 軽量鉄骨プレハブ造平家建
特別高圧変電所 223.23 鉄骨造合金メッキ銅板葺平家建
標本保管庫 138.78 鉄骨造合金メッキ銅板葺平家建
ゴミ置場 55.29 軽量鉄骨プレハブ造平家建
喫煙室 11.71 軽量鉄骨プレハブ造平家建
床面積小計69,707.49






高校1号棟 教室、食堂、売店 4,325.82 鉄筋コンクリート造陸屋根5階建
高校2号棟 教室、事務室 3,026.29

鉄筋コンクリート造陸屋根4階建

高校3号棟 教室、職員室 1,091.98 軽量鉄骨造2階建
麻布獣医学園アリーナ 354,781 鉄骨鉄筋コンクリート造ステンレス鋼板葺2階建
武道館 777.49 鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺2階建
高校部室 部室 337.60 鉄骨造鉄板葺2階建
高校倉庫 138.80 鉄骨造合金メッキ鋼板葺2階建
総合グラウンド管理棟 体育教員室、更衣室 222.31 鉄骨造合金メッキ鋼板葺2階建
総合グラウンド倉庫棟 倉庫 280.80 鉄骨造合金メッキ鋼板葺平屋建
床面積小計13,748.90
床面積合計83,456.39

厚生補導施設等

学生ホール 1階には談話室、シャワー室、生協店舗(売店)等があり、2階にはクラブ部室(25室)がある。学生は、憩いとコミュニケーションの場として活用している。
クラブハウス1 学生ホールに隣接して建設しており、1階には防音設備完備の音楽練習場、弓道場、相撲部土俵、ボクシング練習場があり、2階には学生自治会及びクラブ部室(11室)がある。学生は、クラブ活動の拠点として大いに活用している。
麻布総合グラウンド 敷地面積は15,906㎡。各種球技(野球、サッカー、ラグビー等)及び陸上競技に使用できる総合グラウンドである。
学生は、クラブ活動等で利用するほか、大学祭などの各種イベントの会場として活用している。また、附属高等学校では、授業や部活動等で大いに利用している。
麻布総合グラウンドの
管理棟・倉庫棟
麻布総合グラウンド西側に大学と附属高等学校の共同施設として建設。管理棟2階には、多目的室(2室)があり、クラブハウス2と同様の設備がそろい、筋力トレーニングやミーティング等に利用できる。倉庫棟には広い収納スペースがある。

百十周年記念会館

創立百十周年を記念し、平成14年10月に竣工した。創立125周年記念事業の一環として、麻布大学いのちの博物館に改修し、平成27年9月に開館した。
バーベキュー場 テラスいちょうの北側に設置しており、学生はルールを厳守の上、懇親の場として活用している。
ラウンジ 獣医学部棟1階の一部を、ラウンジとして開放している。学生は、授業の合間の休憩や懇親の場として利用するほか、放課後の自主学習の場としても活用している。
自習室 生命・環境科学部棟の自習室に加え、獣医学部棟1階115室,116室及び117室を学生用自習室として開放している。なお、116室及び117室については,11月初旬から2月下旬にかけて、獣医師国家試験を控えた獣医学科6年次学生優先の自習室としている。
大学テニスコート 敷地面積は1,517.7㎡、設置コートは2面。学生ホールの北側に設置しており、学生は、クラブ活動等で利用している。
附属高等学校テニスコート 敷地面積は1,424.5㎡、設置コートは2面。附属高等学校2号棟の北側に設置しており、主に附属高等学校の授業やクラブ活動で利用される。
武道館 床面積は、777.49㎡。1階には柔道場があり、2階には剣道場がある。主に附属高等学校の授業やクラブ活動で利用されるほか、大学の学生も、クラブ活動等で使用している。
附属高等学校食堂・売店 附属高等学校1号棟1階に設置しており、食堂の収容数は120席である。また、食堂の隣には生協が運営する売店を設置している。生徒等は、昼食時に利用するほか、憩いの場として活用している。
カフェテリアさくら
創立125周年記念事業の一環として、平成26年3月に竣工した学生食堂(214席)であり、昼食のほかに朝食や午後の喫茶を利用することができる。また、授乳室を設けており,教職員や来客への福利厚生にも寄与している。
テラスいちょう 創立125周年記念事業の一環として、平成27年3月に竣工した。生協が運営するカフェテリア方式の学生食堂(270席)と売店があり、2階には学生が自習・談話できるホール(224席)、セミナーやグループ学習といった様々な用途に利用可能な多目的室3室、教職員用の会議室及び麻布大学同窓会の事務室がある。
ウィンドチャイム 創立125周年記念事業の一環として、平成27年8月に竣工した。ペットを同伴して利用が可能である。屋内には、プロジェクタ投影可能な壁、チョークボードとして利用できる壁、コンビニエンスストアの商品を陳列する自動販売機、パントリー、リードフック、充電可能なコンセントが備えられ、多目的に利用できる。屋外には、テラス席を設置し、リードフック、足洗い用シャワーを備えている。また、隣接するドッグランも活用することができる。