麻布大学

新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ

「まん延防止等重点措置」適用期間の再延長に伴う授業実施方針について

相模原市へのまん延防止等重点措置の適用が7月11日(日)まで再延長されたことに伴い,6月24日(木)以降の方針を以下のとおりといたします。なお,今後の感染状況の変化に伴い,この方針は変更する場合があります。

「まん延防止等重点措置」適用期間が7月11日(日)まで再延長されたことに伴う措置

  • 授業:現在の授業実施方針を原則,前期補講日に当たる7月22日(木)まで継続します。
  • 定期試験:「まん延防止等重点措置」適用期間の再延長に伴う変更はありません。当初の予定どおり、感染症対策をとった上で,対面式により実施いたします。
学生への重要連絡

1.ワクチン接種について

特に若年層のワクチン接種の副反応が多数報告されています。 副反応により定期試験の受験に支障を来すことがないよう,各自で試験験日程を考慮の上,受験日1週間前以降は,ワクチン接種の予定を入れない等のスケジュール管理に御協力をお願いします。


なお,本年度前期の定期試験期間は7月26日(月)から8月6日(金)まで(土日除く)を予定しています。試験日程の詳細については,7月上旬に発表予定です。


2.定期試験期間中の新型コロナウイルス感染症に関連する欠席について

感染拡大防止の観点から,発熱や咳などの新型コロナウイルス感染症が疑われる場合や同居家族等が新型コロナウイルス感染者又は濃厚接触者となった場合は登校しないでください。


なお,この場合,定期試験が始まる前までに,次の①の手続を行うことにより,追試験(注1)の対象としますので,追試験が始まる前までに,次の②の手続を行ってください。


新型コロナウイルス感染症に関連しない欠席や次の①の手続を行わない場合において,追試験を受験するためには,欠席の証明ができる書類(診断書等)の提出が必要となります。 追試験の詳細については,試験期間終了後に,対象者に連絡します。追試験の受験料は1科目当たり2,000円となります。

なお、事前に連絡しているとおり、再試験(注2)は実施しません。


①学生支援・国際交流課(gakuseib(a)azabu-u.ac.jp)に,発熱や咳などがあり,新型コロナウイルス感染症が疑われることや同居家族等が新型コロナウイルス感染者又は濃厚接触者となったことについて,メールにて連絡を行うとともに,対応フローの指示を仰ぐ。


また,同じメールの宛名に,「科目担当者」及び「教務課(kyomu(a)azabu-u.ac.jp)」を加え,メールの件名は,「新型コロナ追試験」としてください。 その上で,試験が始まる前までに次の3点を入力してメールを送信してください


※メールアドレスを送信する際は※(a)を@に変更してください。


  1. 学籍番号・氏名
  2. 欠席する科目名
  3. 欠席する理由(現在の体調や状況)

② 自宅待機期間等が終了し,登校が可能となった際は,教務課窓口にて「欠席届」を受け取り,必要書類を記入の上,クラス担任の押印を得た後,教務課に提出する。(証明書不要)


(補足説明)

  • (注1)追試験:病気・事故等,やむを得ない理由で定期試験を受けられず,かつ試験前に欠席届を提出した者に対して行われる試験
  • (注2)再試験:本試験不合格者を対象として教員の裁量で実施する再度の試験

2021年6月22日
麻布大学 学長
浅利 昌男