麻布大学

大学案内ABOUT

学長挨拶

img_president_2017.jpg

『人、動物、環境』を究めたい人に、究められる実践教育と研究環境を。

麻布大学の正門をくぐると正面の植え込みに『学理の討究と誠実なる実践』と刻まれた重厚な石碑があります。この言葉が本学の『建学の精神』、つまり、教育の心です。この言葉の通り私たちの教育は、理論を深め技術を磨くという、実学主義を貫いています。
 一例を挙げれば、学生が毎日学ぶキャンパス内には、小動物の診療・実習施設である附属動物病院に加えて、産業動物の診療・実習を行うことができる産業動物臨床教育センターを整備しています。首都圏にある5つの獣医系大学で唯一、小動物から産業動物までの各家畜の飼養管理や診療を、同じキャンパス内で実践できるのが麻布大学です。
さらに、各種の動物実習施設あるいはコンパニオンドッグラボラトリやドッグランなど、トレーニングのための施設と環境を整え、そこでも学生は日々動物に触れながら実践力を養っています。一方、人や環境の健康を学ぶ生命・環境科学部の臨床検査技術学、食品生命科学および環境科学の技術系の3学科においては、基礎から応用まで日々多彩な実習を実施し、広く明るい実習室に最新の実習機器を導入するなど理論と技術の習
熟をはかっています。
 麻布大学は『人、動物、環境』という専門分野を学ぶ大学として、小規模ながら総合大学にはない、卒業生と教員と学生の近さがあります。これらの分野の専門知識を学び、技術を修得して社会で活躍しようと考えている皆さん。麻布大学には、それを叶える素晴らしい人材と環境が揃っています。ぜひ、いらしてください。お待ちしています。

建学の精神

麻布大学の建学の精神は「学理の討究と誠実なる実践」です。本学は、創設者與倉 東隆(よくら はるたか)先生の建学の精神である、学理を討究し実践を重んじる誠実なる校風を受け継ぎ、人と動物との共存および人と自然環境との調和の途を探求することを目的として獣医学、畜産学、動物応用科学、生命科学および環境科学に関する専門の知識を教授研究し、その応用力の展開をはかるとともに、進んで学術の進歩と国民生活の向上に寄与し、平和社会の建設に貢献することとしています。

学長プロフィール

浅利昌男: 1951年静岡市生まれ。獣医学博士。麻布獣医科大学(現麻布大学)卒業、岩手大学大学院農学研究科修了、コーネル大学およびテキサスA&M大学在外研修。麻布大学獣医学部教授、学部長を経て2014年6月学長就任。麻布獣医学園評議員・理事歴任。獣医神経病学会理事、全国大学獣医学関係代表者協議会大学代表、私立獣医科大学協会協議会幹事歴任。
研究内容

獣医解剖学、獣医臨床解剖学、リンパ管学

担当科目

獣医学部:獣医学概論、獣医解剖学I、獣医解剖学II、獣医解剖学実習、小動物総合臨床、総合獣医学
生命・環境科学部:解剖学・同実習
大学院獣医学研究科:獣医解剖学特論、獣医解剖学特別演習I・II・III、獣医解剖学特別実験I・II・III・IV