麻布大学

研究・産学官連携COOPERATION

研究推進・支援本部

本部長あいさつ

研究推進・支援本部
本部長 田原口 智士

麻布大学の建学の精神は,「学問の討究と誠実なる実践」である。この精神を受け継ぎながら,「学問の深奥を極めて人類の叡知,文化の進展及び国民生活の向上に寄与し,平和社会の建設に貢献すること」つまりこれには,「研究の質の向上」,「外部資金等の獲得」,「知的資産の蓄積」が,対外的には,その蓄積した知的資産を活用しての「産学官連携に基づく社会貢献」と「地域社会との連携」が必要です。そこに,研究推進・支援本部が果たす役割が重要になります。

研究推進・支援本部では,企業や公的機関からの受託研究や共同研究の支援や知財展開研究の研究費補助を行っています。さらに,私立大学等改革総合支援事業や私立大学研究ブランディング事業などの私立大学支援事業による補助金や省庁等大型プロジェクト・科研費をはじめとする外部競争的研究資金の獲得の推進ならびに学内外の研究プロジェクトの支援を行うため,各種研究助成情報の速やかな提供を行っています。また,各種セミナー(日本学術振興会特別研究員学内説明会,研究倫理セミナー,科研費獲得セミナ一,知財・産学連携セミナ--など)を企画することで,競争的資金獲得,知財創出,大学院生のキヤリアパス形成や倫理教育に寄与しています。

また,本学の特徴的で個性豊かな知財を,実社会に役立てる(研究成果の社会還元)ために,職務発明の承継や権利化に関する支援,BIO Techアカデミックフォーラム,アグリビジネス創出フェアなどの各種大型イベントへの出展や研究シーズ集などを利用した産学官への広報活動を実施しています。

知的資産ポリシー

麻布大学では、狭義の知的財産のみならず、研究成果一般も含めて『知的資産』という考え方を取り入れ、その知的資産の蓄積と活用にとり組み、研究基盤を充実させて大学のブランド化につなげるという基本方針に基づいて、『知的資産ポリシー』を制定しました。

学校法人麻布獣医学園 知的資産ポリシー:PDF(78KB)

組織図

本学の『知的資産ポリシー』に基づいて、 知的資産の有効活用及び社会貢献を推進・支援する「研究推進・支援本部」を設置し、 平成19年4月1日から本格稼働させました。

研究推進・支援本部組織図 拡大図:PDF(109KB)

研究推進・支援本部の役割と機能

研究推進・支援本部の役割と機能 拡大図:PDF(127KB)

研究推進・支援本部担当者紹介

研究推進・支援本部員

役職氏名所属担当
本部長 田原口 智士 獣医学部
(教授)
総轄、学内組織との調整
(研究推進・支援本部会 議長)
研究推進担当者 阪口 雅弘 獣医学部
(教授)
学内競争的資金に関する事項
知財推進担当者 折戸 謙介 獣医学部
(教授)
職務発明に関する事項
(職務発明審査委員会委員長)
国際・産学官連携推進担当者 三宅 司郎 生命・環境科学部(教授) 産学官連携全般、
外部競争的資金に関する事項
国際・産学官連携推進担当補佐 島田 章則 生命・環境科学部(教授) 研究推進・支援本部の運営、活動等に関する事項
国際・産学官連携推進担当補佐 村上 賢 獣医学部
(教授)

事務局 〔事務局学術支援課〕

所属氏名区分担当
事務局学術支援課 課長 角野 由香 専任職員 事務統括
事務局学術支援課 磯野 裕之 専任職員 研究・知財及び産学官連携事務
事務局学術支援課 青野 和憲 専任職員 研究事務
事務局学術支援課 渡邉 航大 専任職員 研究事務
事務局学術支援課 守屋 雅史 専任職員 研究・知財及び産学官連携事務

〔外部専門家〕

所属氏名肩書
研究推進・支援本部 佐藤 一雄 知的資産コーディネーター
研究推進・支援本部 桒原 明彦 産学官連携コーディネーター