麻布大学

学部・大学院ACADEMIC / GRADUATE

教職課程へようこそ!

免許取得と教職への道を、全力で支援します

lm_teach_kodama-thumb-120x160-73142.jpg
麻布大学教職課程主任
小玉敏也(教職課程研究室・教授)

中学校や高等学校の教員を目指すには、「教員免許状」を取得しなければなりません。この他にも教員になる方法はありますが、大学などで教員免許状を取得したうえで、教員採用試験を受ける方法が一般的です。この場合、文部科学省に認められた大学の教職課程において、所定の科目等を習得し、各自治体の教育委員会(本学の場合は基本的に神奈川県教育委員会)に申請を行うことで、卒業時に教員免許状が授与されます。なお、獣医師国家試験や臨床検査技師国家試験などとは異なり、国家試験を受けることなく免許状が授与されます。

麻布大学の各学部・学科で取得できる教員免許状は、中学校理科(中学校教諭1種免許状「理科」)および高校理科(高等学校教諭1種免許状「理科」)です。さらに、獣医学部では、農業(高等学校教諭1種免許状「農業」)も取得できます。大学院では、中学と高校の専修免許状(中学校教諭専修免許状「理科」および高等学校教諭専修免許状「理科」)を取得できます(※ただし一部の専攻分野では取得できません。また、取得に当たっては条件があるため事前によくご確認ください)。

こうした教員免許の取得のための制度については、教育職員免許法によって詳しく定められています。 この制度は、教育職員の資質の保持と向上を図ることを目的として設けられています。麻布大学の教職課程は、教育職員免許法によって定められている免許状授与のための所要資格が得られるように設置されています。さらに、本学の教職課程に関する詳細な事項は、「麻布大学教職課程に関する規程」において定められています。

教職課程を履修しようとする学生は、教職の責任の重さと重要性を自覚し、自己の教員への適性を十分に認識・確認しながら、必要な科目等の修得に努めることが求められます。教職課程を担当する教員は、教員免許状取得に必要な各科目、教育実習、介護等体験などに対するきめ細やかな指導とサポート体制によって、学生のみなさんの教職への道を全力で支援します。麻布大学の教職課程に多くの学生が集い、各学科の専門の学びを活かした、高い教職の知識と技能をもった教職への道を、ともに歩むことを願っています。