麻布大学

研究室LAB

准教授 吉原 英児

生命・環境科学部 臨床検査技術学科

准教授 吉原 英児
研究室
生理学研究室
所属と主な研究内容
日本電気泳動学会、日本超音波検査学会、日本臨床衛生検査技師会、神奈川県臨床衛生検査技師会、日本アルコール・薬物医学会、日本診療情報管理学会。
精神疾患における神経伝達物質関連遺伝子の多型解析およびストレスの評価法。
担当科目
生理学、臨床生理学

プロフィール

1955年、静岡県伊東市の生まれ。北里大学衛生学部衛生技術学科を卒業後、慶応義塾大学附属月が瀬リハビリテーションセンターの研究検査科に臨床検査技師として勤務する。1981年4月より麻布大学・生物有機化学の助手として勤務し、溶血レンサ球菌の外毒素に関する研究および電気泳動法の泳動技術に関する研究にたずさわる。1998年生理学研究室に移動後は精神疾患における神経伝達物質関連遺伝子の多型解析およびストレスの評価法に関する研究にたずさわっている。また、教育面では、神奈川県臨床衛生検査技師会の生理研究班超音波専門グループおよび循環器専門グループに所属し、専門グループ主催の講習会に学生の聴講を認めてもらう等、特に超音波検査・循環器検査に関する教育に力を入れている。