麻布大学

研究室LAB

教授 猪股 智夫

獣医学部 獣医学科

教授 猪股 智夫
研究室
実験動物学研究室 生物科学総合研究所研究室
所属と主な研究内容
所属:獣医学部実験動物学研究室
研究内容:胸腺と老化、加速度センサを用いた行動解析、化学物質の毒性評価法の開発
担当科目
実験動物学(獣医学科、動物応用科学科、環境科学科)、環境毒性学実習(獣医学科)、実験動物学実習(獣医学科 動物応用科学科)、獣医学概論、総合獣医学、実験動物学特論 実験動物学特別演習、実験動物学特別実験

プロフィール

私は獣医学部や生命環境科学部で実験動物学を担当しています。実験動物学は、マウス、ラット、モルモット、ウサギなどの代表的な実験動物やイモリ、メダカ、ショウジョウバエなど広範囲にわたる動物の特性につい学びます。また、実験動物をとりまく環境、病気、遺伝、実験動物の取扱、麻酔、新しい動物(遺伝子改変動物=Tg動物)の作出法などを学ぶ専門科目です。みなさんが動物を用いた実験研究をするうえで、きっと役立つ学問分野です。実験動物学では、動物実験の際に動物への福祉に十分配慮できるようしっかりと指導します。研究面については、ホルモンや生理活性物質に興味を持っており、これらが記憶学習の改善や老化防止につながることをめざして仕事をしています。一方、化学物質の毒性評価法にも興味を持っています。そこで3軸加速度センサを用いた行動解析や幼弱ラットの鳴き声解析などにより毒性評価を試みています。このように教育と研究に取り組んでいますので、機会があったら研究室を訪ねてください。