麻布大学

ニュースNEWS

環境カフェ麻布「まちびかスターダスト」を開催しました

平成31年3月26日(火)、本学8号館7階百周年記念ホールにて「学生まちびかスターダスト」を開催し、まち美化に興味がある方、アダプトを実践している方、支援している方、SDGsに興味がある方、自治会や商店街などの地域の方、相模原市役所職員の方など46人の方々に参加いただきました。


撮影:環境科学科2年 増田知彬

【日時】平成31年3月26日(火)14時~17時
【場所】8号館7階百周年記念ホール
【プログラム】
1 麻布大学 浅利 昌男 学長による開会の挨拶
2 食品容器環境美化協会 山本 景一 専務理事の挨拶
3 麻布大学 生命・環境科学部 環境科学科 遠藤 治 学科長による環境科学科の紹介

第一部 アダプト・プログラムの導入効果とSDGs
4 環境科学科 村山 史世 講師によるまち美化アダプト・プログラムとSDGsの研究発表
5 アダプト・プログラムアドバイザー 谷津直生氏による データで見るアダプト・プログラムの導入効果発表
6 環境科学科の学生によるSDGsレンズの開発・説明
7 質疑応答

第二部 まち美化の星たち
8 アダプトに参加した環境科学科の学生による実体験の報告
9 富士工業グループの事業と社会貢献活動の紹介
10 相模原市市民協働推進課 今井恵主事による街美化アダプト制度の説明
11 相模原青年会議所によるSDGsキャンペーン活動の紹介
12 麻布大学地域連携センター 川上 泰 センター長による地域連携の説明
13 教職課程教員(私立大学研究ブランディング事業広報担当)福井 智紀 講師による私立大学研究ブランディング事業紹介
14 淵野辺一丁目自治会による公園清掃美化活動のアピール
15 稲葉 一穂 生命・環境科学部長による閉会の挨拶

第一部では活発な質疑応答や意見交換が行われ、また、休憩時間を利用してお互い情報交換をするなど、有意義な交流を行いました。