麻布大学

生命・環境科学部

食品生命科学科FOOD AND LIFE SCIENCE

食の安全・安心や生命科学を究め、
人の健康づくりに貢献できる人材を育成する

幅広く深い教養とともに、人の公衆衛生や保健衛生学を基礎とした食品科学・栄養学および衛生学について広範に学習できるカリキュラム編成です。食の安全・安心について高い専門性を持つ人材を育成します。

学びのポイント

食品や医療分野と直結する
授業や研究体制が充実

食品科学分野の第一線で活躍するエキスパートを講師に迎えた授業により、食品業界などの最新の知識を学べます。 また、企業や病院との共同研究も活発に行われており、学内での研究と業界が直結する環境も備わっています。

学びのポイント

ふたつの分野から「食」を科学し、
体系的に学んでいく

食育や食の健康・医療分野への応用を学ぶ「フードアプリケーションサイエンス」と食の安全・安心を学ぶ「フードレギュラトリーサイエンス」の両分野から体系的に学習。前者は本学独自のもので、獣医学科のノウハウが生かされています。

学びのポイント

「食」に関する幅広い学習と
豊富な実習で、実践的な能力を

食品科学、栄誉学、生理学、分析化学、衛生学などを幅広く学び、食品について多面的かつ倫理的に事象を考察できる能力を養います。また、実習に力点を置くことにより、実践力に富んだ人材を育成します。

ココが大事!

フード・サイエンスの
最前線を考察

食品の安全性と生命科学を研究していく領域で、生活に密接した「食」の分野に将来どのようにかかわっていくのか考察するため、1年次からフード・サイエンスの最前線について理解を深めていきます。

学科の目的

健康な社会を維持・発展させるために、人の公衆衛生および保健衛生学を基礎として食品科学・栄養学および衛生学を学び、食の安全・安心にかかわるリスク評価と食品の機能性にかかわる専門性の高い食品衛生、食品科学および公衆衛生分野で活躍する幅広い職業人を養成する。

Admission Policy(求める学生像)

食品生命科学科では、生命・環境科学部の教育理念に基づき、幅広く深い教養とともに、食の安全・安心に関わるリスク評価と食品の機能性に関する専門性を持つ人材を育成することを教育理念・目的とする。この目的が達成されるため、次のような資質を持つ人材を求めている。

  1. 食品生命科学についての専門的知識を学ぶために、高校までの基礎学力(特に、生物、化学、英語、など)を有する人。(知識・理解)
  2. 食の安全・安心と人の健康に関わる問題に解決に科学的に強い興味を持ち、論理的な判断を行うことができる人。(倫理観、思考・判断)
  3. 食品生命科学に関わる問題を解決するための検証実験や調査に主体的・自律的に取り組むことができる人。(自律性、関心・意欲)
  4. 地域や社会における食の安全・安心と食の健康に関わる問題を身につけた知識やプレゼンテーション・コミュニケーション能力をこれらの解決に役立てたいと考えている人。(多様性、理解、態度、技能・表現)
Diploma Policy(卒業時の到達目標)
  1. 食品生命科学についての専門的知識と実践力を持ち、食の安全・安心と人の健康の増進に活用できる。(知識・理解)
  2. 食の安全・安心と人の健康に関わる生物学・化学的分析技術と知識が社会に及ぼす影響を理解し、適切な倫理観を持ち自立的かつ論理的な判断を行うことができる。(倫理観、思考・判断)
  3. 食品生命科学に関わる科学実験やその調査結果を解析・評価するために必要となる専門的知識と技術を自ら修得するために、主体的・自律的に取り組むことができる。(自律性、関心・意欲)
  4. 食の安全・安心と食品の機能性に関わる知識を多様性のある社会において総合的に活用することができる。(多様性理解、態度)
  5. 食品生命科学分野において、自らの思考・判断のプロセスを説明伝達するためのプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力をもつ。(技能・表現)
Curriculum Policy(カリキュラムの特徴)

食品生命科学科では、生命・環境科学部の教育理念に基づき、幅広く深い教養とともに、食の安全・安心に関わるリスク評価と食品の機能性に関する専門性を修得し、高い倫理感を身につけた人材を養成する。

  1. 初年度、高等学校までの履修内容の定着が十分でない学生、あるいは高等学校で履修していない科目群を持つ学生に対して、大学教育への円滑な導入を図るための「基礎生物学・同実習」、「基礎化学」、「基礎化学実習」など入門科目群を設置する。
  2. 全ての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、実社会で活躍する企業人の講義を受け、卒業後に活躍できる分野を想起させることを目標した「フレッシャーズセミナー」を配置する。
  3. 食育教育と食の健康・医療分野への応用(フードアプリケーションサイエンス)と行政機関・食品検査機関への応用(フードレギュラトリーサイエンス)分野の両者の専門科目を体系的に学ぶため、順次性に留意し該当する専門科目を設置する(2-3年)。
  4. 大学の教育理念である人、動物、環境の共生について理解を深める「地球共生論」を配置し学科の専門分野を超えて学際的な視点を養う。
  5. 地域社会や産業界との相互作用を通じて、広い視野で対話的な学びの能力を養う科目「インターンシップ」を設置する。 
  6. 卒業論文(3-4年)に取り組むことにより、自らの思考・判断のプロセスを説明し、伝達するためのプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力および自律性を身に付ける。

CONTENTS