麻布大学

学部・学科ACADEMIC

獣医学部

獣医学部

アドミッションポリシー

獣医学部は、「幅広い獣医学及び動物応用科学教育を行い、生命と福祉に関わる科学者としての責任感に基づいて、社会的使命を正しく遂行し得る獣医師及び動物応用科学の専門家を育成するとの理念に基づき、社会より与えられた責任に対して応えられ、かつ、国際的視野を持つことができる人材を養成する」ことを教育理念・目的とする。
この目的を達成するために、次のような資質を持つ人材を求めている。

人や動物に対する思いやりの心を持ち、社会に貢献する意志を持っている人
学習意欲が旺盛で、高等学校までの基礎学力、特に生物・化学を含む理科の学力が十分に備わっている人
自ら課題を課し解決できる能力、考える力、判断する力、表現する力が備わっている人

ディプロマポリシー

  1. 獣医学及び動物応用科学の一分野についての専門知識と技術、実践力を持ち、動物と人の健康と福祉の維持増進や動物との共生に活用できる。(知識・理解)
  2. 科学や技術が社会に及ぼす影響を理解し、適切な倫理感を備え、高い視点から、自立的かつ論理的な判断を行うことができる。(倫理感、思考・判断)
  3. 高度専門技術者あるいは専門技術者として自らの目標を明確に持ち、問題を提起し解決するために必要となる専門知識と技術を自ら修得するために、主体的・自律的に取り組むことができる。(自律性、関心・意欲)
  4. 多様性のある社会において、幅広い教養や専門知識と技術を総合的に活用しながら、他者のために責任ある行動を取ることができる。(多様性理解、態度)
  5. 自らの思考・判断の根拠とプロセスを説明し、伝達するためのプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力をもつ。(技能・表現)

カリキュラムポリシー

獣医学部では、その教育理念に基づき、幅広い教養と専門性を修得し、高い倫理感を身につけた人材を養成するため、獣医学科、動物応用科学科を置き、以下の方針に基づいて、教育課程を編成・実施します。

教育課程編成の方針

  1. 高等学校までに履修した内容の定着が十分でない学生、あるいは高等学校で履修していない科目群をもつ学生に対して、大学教育への円滑な導入を図るための入門科目群を設置する。
  2. 幅広い教養と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する基礎教育科目を配置する。
  3. 専門知識と技術を体系的に学ぶため、学科の専門科目を、知識と技術の順次性を確保して体系的に設置する。
  4. 学科の専門分野を超えて、学際的な視点を養う科目を設置する。
  5. 地域社会や産業界など外界との相互作用を通じて、視野を広げ考えを深める対話的な学びの能力を養う科目を設置する。
  6. 獲得した知識や技術を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や、主体的かつ自律的な態度を育成するために、概論、特論、ゼミ、卒業論文などの科目を設置する。

実施の方針

  1. 各授業科目について、到達目標、授業計画と実施方法、成績評価基準等を明確にして、シラバスで周知する。
  2. 主体的に考える力を育成するために、アクティブラーニング(双方向型授業、グループワーク、発表など)を積極的に取り入れるなど、授業形態、指導方法を工夫する。
  3. 実践力を涵養するために、ゼミや実習、卒業論文などで授業形態と指導方法を工夫する。
  4. 成績評価基準に基づき、厳格かつ適正な評価を行う。
  5. 学位授与方針に基づく学生の学習過程を重視し、在学中の学習成果の全体を評価する。

獣医学科:動物医療のスペシャリストの育成(獣医師の養成)
動物応用科学科:動物に関して広い視野と多様な専門能力をもつ実践的ジェネラリストの育成

麻布大学 獣医学部長 村上 賢

獣医学科では、全国共通のモデル・コア・カリキュラムと参加型臨床実習に対応した獣医学教育はもちろんのこと、小動物と大動物のそれぞれの臨床教育に適した施設・設備を整備して充実した教育を実践しています。さらに、多くの研究室を擁し、動物に関して多様な研究活動を行っています。

動物応用科学科では、動物のさまざまな生命現象を、遺伝子などの分子、細胞から個体、群集までの多様なレベルで理解する動物生命科学分野、並びに人と動物(野生動物を含む)のより良い共生を追求する動物人間関係学分野の総合的な教育を行うとともに質の高い研究を実施しています。

人や動物、自然の好きな学生たちが集まり、動物に関して高い専門性をもち、多様な専門能力をもつ人材育成に取り組みます。

麻布大学 獣医学部長
村上 賢