麻布大学

生命・環境科学部

環境科学科ENVIRONMENTAL SCIENCE

環境問題・環境保全に必要な科学知識を習得
能動的思考や現実的な解決能力を養う

複雑な環境問題を基礎から段階的に学ぶことにより、その全体像を正確に把握。環境のスペシャリストとして、科学的根拠に基づいて環境の諸問題に対応するための実践力を身につけるカリキュラムを編成しています。

微生物学実習

学べる内容
微生物検査の基本的な技術となる乾熱滅菌器などによる滅菌、消毒、無菌操作などを習得。培地の作製、ふ卵器による各種細菌の培養法、細菌の染色による形態観察などの基礎知識も学びます。
身につく力
食品衛生や環境衛生など、あらゆる分野において将来的にどのような場においても微生物検査に対処できる基礎的操作を身につけていきます。

環境衛生学実習

学べる内容
生活環境や作業環境で健康に影響を及ぼす環境要因について具体的に学び、それらの測定法や測定結果の評価などを実際に行います。
身につく力
さまざまな有害化学物質の毒性に関して、発現メカニズム、検出法やその利点や欠点、さらに複合汚染に関する注意点などを習得。化学物質汚染や物理的環境因子に関する問題解決能力を養います。

水処理工学実習

学べる内容
基礎的な水質試験、水処理単位操作の方法・原理を学び、模擬試料を対象とした水処理実験と処理による水質評価を実施。結果の解析に取り組み、インターネット等を活用した情報収集も行います。
身につく力
処理プロセスの原理と、得られる効果や実際の水処理技術への応用に関する理解を得ます。また、得られた水質データの定量的な取り扱い方法や解析方法を身につけていきます。

その他、各授業の詳細は「シラバス」をご覧ください。

CONTENTS