麻布大学

生命・環境科学部

環境科学科ENVIRONMENTAL SCIENCE

幅広い分野で
地域社会に
貢献したい

公務員

墨田区役所 勤務石村 匡

幅広い分野で地域社会に貢献できる仕事がしたいと思い、公務員を志望しました。入庁して最初に配属されたのは環境保全課。地域の緑を管理する仕事を任され、麻布大学で学んだ農業や衛生学などの知識が生かされました。今は教育委員会に異動になり、法律や制度に基づいて対応しながら、すべての人に平等に、かつ一人ひとりの状況にできるだけ歩み寄って対応することを心掛けています。それにはコミュニケーションが欠かせませんが、麻布大学での研究室やサークル活動でその基本を身につけました。また、環境だけでなく食品などさまざまな知識が学べて、いろいろな資格も取れたことは、公務員として今後さまざまな分野の仕事をしていく上で、私の武器になっていくと思います。

人々が健康で
過ごせるために
必要な調査に
携わっていきたい

水質・大気・土壌分析

株式会社総合環境分析 勤務日高 佑希

主に飲料水や環境水などの水質測定を行い、計量証明※をするのが仕事です。正確なデータを納期までに提出するために、トラブルにも柔軟に対応し、正確な数値を出すことをめざしています。また分析者として、分析機器や分析にかかわるものを常にベストコンディションに保つことも仕事のうちです。今、業務で扱っている分析機器の中には、大学時代に実習や研究室で扱った経験があるものが多く、スムーズに業務を行うことができています。これからも環境保全や、人々が健康で過ごせるために必要な調査などに携わっていきたいと思っています。そして多くの人に環境保全の大切さや、健康に過ごせることの大事さ、そしてそれらが当たり前ではないということを知ってもらいたいです。
※ 計量証明は、何か(あるものの物象の状態の量)を計った結果に関して、公にまたは業務上他人にそれが真実である旨を数値を伴って表明することを言います。(参照:経済産業省HP)

さまざまな成分分析を通して
社会の力になりたいです。

環境分析カスタマーサポート

ジーエルサイエンス株式会社 勤務国枝 巧さん(平成27年度卒業)

麻布大学では環境分析学研究室に所属し、河川水や海水の分析について研究していました。そのとき研究室に出入りされていたジーエルサイエンス株式会社の方から、その業務内容についてお話をうかがった結果、ここでなら自分が大学で学んだ知識を役立てられると考え、就職を希望しました。水質汚染や大気汚染といった環境分野はもちろん、食品や薬品に含まれる成分の調査、香料の研究開発、シャンプーや石けんの各種試験といった私たちの生活に密接した分野まで、分析にかかわる幅広いサービスを提供することで社会に貢献できるのが、この仕事の魅力です。現在は、分析を希望されるお客さまに対するサポートが主な業務ですが、用途に応じて最適な分析方法などを提案していく仕事に、大きなやりがいを感じています。幅広いお客さまの要望にこたえていくため、常に最新の知識を身につけておく必要がありますが、大学で培った経験を生かして学び続けていきたいです。

安全・安心な水を守る仕事に
大きなやりがいを感じます。

水質検査

オーヤラックスクリーンサービス株式会社 勤務郷田 直希さん(平成25年度卒業)

さまざまな環境問題を解決するための知識を、実践的に学ぶことのできる大学を探していたところ、麻布大学に出合いました。在学中に印象的だった授業は、顕微鏡を覗かなければわからない存在である“微生物”に興味を持つきっかけとなった「微生物学実習」です。実際に自分の手を動かしながら学んだことで、微生物をより深く学んでみたいと思い微生物学研究室へ所属。さらに、研究室在籍中、教授からお話をいただいたことで、水質検査の仕事とも出合うことができました。現在は、市町村の小学校やさまざまな企業などから持ち込まれた飲料水や排水のサンプルについて、微生物検査や理化学的検査の業務に取り組んでいます。“水”という生活になくてはならないものを検査することを通して、多くの人の暮らしの安全を守り、社会全体に貢献できる仕事に大きなやりがいを感じています。

環境に関する幅広い知識が
今の仕事に生かされています.

技術営業

いであ株式会社 営業部 勤務知念 恵理奈さん(平成26年度卒業)

橋や道路などを建設することで周辺の環境にどのような影響が出るのか。これをクライアントからの依頼によって調査し、情報をフィードバックすることで環境保全に貢献していく、環境分野や社会インフラ整備のコンサルタント業務を行う会社に勤めています。その中でも私が携わっているのは営業です。具体的には、官公庁などからの調査依頼に入札して仕事をとってくることに加え、調査にかかわる技術者たちの間に立って情報の橋渡しをすることで、仕事の流れをス ムーズにしていくのが主な業務です。現場ではさまざまな専門用語が飛びかっていますが、麻布大学で学んだ環境に関する幅広い知識が生かされています。また、実際に働いてみると、環境分析にかかわる基本的な計算といった非常に基 礎的な知識を、在学中からきちんと身につけていたことがとても役立っています。今後も日々新たな知識を吸収しながら、会社にも環境にも貢献できる新しい仕事を提案していきたいです。

CONTENTS