麻布大学

獣医学部

動物応用科学科ANIMAL SCIENCE AND BIOTECHNOLOGY

人間社会と動物の共利共生につながる教育科目と
専門性を深め人間社会への貢献のあり方を学習

社会人・職業人として必要な知識・技術の修得をめざすとともに、基礎的な教育科目から学習し、
動物応用科学の広がりを段階的に学ぶことで、人と動物の共生を追究します。

動物応用科学実習

学べる内容
大型産業動物に直接触れるとともに、生産物の衛生管 理なども学習します。1年次の夏季期間中に、牧場や酪農地帯では搾乳や畜舎製造などの家畜管理を実践。食品工場や盲導犬訓練センターなどの施設見学も行います。
身につく力
生産物の衛生管理を実践できる力を習得。また、飼育体験を通じて、動物と人間と環境の問題を多面的に考えられる能力を養っています。

乗馬応用実習II

学べる内容
障がいを抱えた児童や、乗馬が可能な中高年層を対象に、馬を用いた動物介在介入を行う際に必要な知識と技術について体験的に学んでいきます。
身につく力
さまざまな対象者に対して最良のプログラムを構築できる力、プログラムの評価方法を学びます。また、実施する際に必要となる馬の調教を学び、同時に馬への負担についても理解します。

動物生命科学基礎実習

学べる内容
生命科学に関する理解を深め、生じている反応を説明できることを目標とした基礎的な実習です。組織からのDNA抽出・遺伝子型判定などを課題とし、基礎的な解析を学生自ら実践していきます。
身につく力
研究活動で必要になる基礎的な手技を体得します。また、得られた結果を理解し、事前の予想や先行研究の結果と比 較しながら、科学的意見を発表することができる力を養います。

その他、各授業の詳細は「シラバス」をご覧ください。

CONTENTS