麻布大学

生命・環境科学部

環境科学科ENVIRONMENTAL SCIENCE

先端機器を使ったラボ実験から
動植物のフィールドワークまで
最先端の研究を行う

研究室での細胞実験や有害物質の分析から、自然や社会フィールドでの野外調査、里山の再生まで、自分の興味や関心に応じたテーマを選びます。分析センターやフィールドワークセンターも活用した最先端の研究に参加して、研究成果を卒業論文にまとめます。

環境生物学研究室

片平 浩孝先生
衛生動物、寄生虫、生物保全をキーワードに
身近な生物の生態を解明する
環境生物学研究室では、寄生虫から昆虫、魚類、海生哺乳類、外来リスまで、様々な生物を研究対象にして、環境生態や衛生環境の調査研究を行っています。
 環境の変化や国際化に伴い、寄生虫や衛生動物(蚊・ゴキブリ・ダニ・ネズミなど)、外来生物の問題が新たに生じるようになりました。環境生物学研究室ではこれらの生物について、形態学・生態学・生化学・分子生物学等の知識を駆使して、基礎から応用研究まで幅広く進め、安全安心で持続可能な生活への貢献を目指しています。
また、北海道から沖縄までをフィールドとした研究では、エゾナキウサギや水鳥、イルカ、クジラ、トド、アザラシなどの海生哺乳類などを専門とする研究者とコラボして、学生が実際のフィールド調査を行い、野生動物の生態や保全に関する研究も行っています。

環境分析学研究室

伊藤 彰英先生、中野 和彦先生
最先端の分析機器を使って、河川や土壌、生体の環境を診断する
環境分析学研究室では、河川水や土壌、水生生物やサンゴ礁生物などに含まれる化学物質について、主要なものから微量なものまで分析し、それら化学物質が環境に与える影響を研究しています。
私たちの研究室での「微量」というのは例えば、1 L のペットボトルに 100万分の 1 グラムの化学物質が溶けている程度の量です。しかし、この程度の量であっても環境汚染が引き起こされ、生態系に影響を及ぼす可能性があります。環境分析学研究室では、最先端の分析機器を使って、これら化学物質を正確に測る技術の開発や、潜在的な汚染の解明、物質間での循環などに取り組んでいます。

地域環境政策研究室

村山 史世先生
現実の世界をフィールドに
持続可能な学びを実践していく
法令や制度の学習、地域での調査、環境まちづくりの実践を通して、コミュニティデザインを体験できるのが地域環境政策研究室です。地域でのさまざまな主体と連携しながら、より良い環境とコミュニティを創造するために必要な知識やスキルを、研究・教育・実践していけるのが、その特長といえます。具体的な活動のひとつとして挙げられるのが、相模原市緑区にある準限界集落「青根」での休耕田復活、地域開発の環境まちづくりプロジェクト。実際に現地におもむき、地元の皆さんとリアルな人間関係を構築しながら、学生を主体としたさまざまなフィールドワークを展開していきます。

その他、各研究室の詳細は「ラボ×ナビ」をご覧ください。

CONTENTS