麻布大学

生命・環境科学部

環境科学科ENVIRONMENTAL SCIENCE

身近な生活環境から自然環境、そして将来の環境まで、
環境を多面的に捉えるための知識と技術を学ぶ

複雑な環境問題を基礎から段階的に学ぶことにより、その全体像を正確に把握。環境のスペシャリストとして、科学的根拠に基づいて環境の諸問題に対応するための実践力を身につけるカリキュラムを編成しています。

環境フィールドスタディ

学べる内容
PBL 型学習(プロジェクト型学習/問題解決型学習)です。企業や行政が抱える課題に対し、学生たちが解決策の提案に挑みます。
身につく力
社会課題に取り組む中で問題発見力や課題解決力が身につきます。グループワークによりコミュニケーション力も磨かれます。

環境計量分析学実習

学べる内容
環境試料にごく微量に含まれる汚染物質などを対象として、環境試料の機器分析法と評価法を学びます。
身につく力
環境汚染物質を高精度で測定するために必要なスキルや、得られたデータを正しく解釈する力が身につきます。

生物多様性フィールドワーク演習

学べる内容
箱根や島根のフィールドで、生態系や生物多様性の調査を実践し、地域の環境保全や獣害対策の現場を学びます。
身につく力
野生の動植物を調査する方法やフィールドで安全に活動できる力が身につきます。行動力や協調性も高くなります。

水処理工学実習

学べる内容
水環境の健全性や水道水の安全性確保に必要となる水質試験や、各種水処理操作の方法・原理を取り上げます。
身につく力
水質試験のスキルを習得し、試験データを活用した水処理効果の評価方法や、実際への応用に関する理解を深めます。

CONTENTS