麻布大学

生命・環境科学部

環境科学科ENVIRONMENTAL SCIENCE

環境を守るお手伝いができ、
やりがいを感じます

技師

中外テクノス株式会社池畑 太陽

研究活動を通して忍耐力がつき、思考力が向上

 私は子どものころから、環境問題についてできることから取り組んでいかなければならないと、漠然と考えていました。進路選択をする時期になると、地球温暖化防止が取り沙汰されるなど環境に対する意識が一層高まっていることを感じ、将来は環境分野の道に進みたいと思うようになりました。ただし一口に環境といっても幅広く、近年では環境を取り巻く問題が多様化しています。そこで、さまざまなアプローチから環境が学べ、自分の可能性が広がりそうだと感じた麻布大学を選びました。 詳細はこちら

水質汚濁防止法を
取り扱う業務に携わっています

技師

山梨県 中北林務環境事務所竹田 凌太郎

緑豊かで落ち着いた雰囲気に引かれ、麻布大学へ

 幼少期から自然が好きで、遊園地で遊ぶよりも森や海で生き物と触れ合うほうが楽しかったことを覚えています。高校生になると「環境関連の仕事がしたい」と思うようになり、環境を多面的に学べる麻布大学を志望しました。
 麻布大学を選んだ理由は、緑豊かで落ち着いたキャンパスの雰囲気に引かれたからです。都心のど真ん中にあるわけではなく、かといって公共交通機関が不便というわけでもない――自然にあふれ生活しやすい山梨で育った私に合っていると直感したのが、大学選びの決め手でした。私が予想した通り、飾らずありのままの自分で過ごせる環境がこの大学にはあり、自然体で接してくれる数多くの仲間がいました。
 学びの内容も充実しており、環境問題全般のほか、浄水や廃棄物などの処理方法、今の仕事にもっとも役立つ「水質汚濁防止法」の関連知識など、環境について幅広く学ぶことができました。 詳細はこちら

環境科学の知識を得て
今後は地元に貢献を

相模原市役所 環境経済局 環境共生部 環境保全課宮田 舞

ふたつの修学旅行を通じ、環境に興味を持つ

環境科学科を選んだきっかけは、ふたつの修学旅行にあります。小学生のときに訪れた足尾銅山では、煙害で荒廃した山に植樹しました。また、高校生のときに訪れた世界自然遺産の小笠原では、外来種を侵入させないよう靴底を洗浄したのが印象に残っています。壊れた自然を元に戻す、あるがままに自然を守る、その両方を体験して環境学に興味を持つに至りました。
また、麻布大学附属高校にいたため、「地域環境政策研究室」が行う相模原市の休耕田での活動にも参加させていただきました。この体験が、市役所志望の理由へとつながっていきます。 詳細はこちら

良い作物に必要な良い水とは?
探し求めた先に今の仕事がある

特定化学物質等作業主任者

三菱ケミカルアクア・ソリューションズ株式会社宮下 翔

農業を志し、環境について学べる大学を選ぶ

元々実家が農家だったことから、大学を選ぶ段階では農作物にかかわる仕事がしたいと考えていました。植物を育てるためには良い水と十分な養分が欠かせないことは知っていましたが、その具体的な要因は何かを知るため、最終的に麻布大学に入学することに決めました。
授業では主に、人間が快適に暮らすための条件や動物と人間が共生するための条件など、地球全体のバランスをとるための学びが中心でした。生き物ごとの生存環境を知らないと整備は行えないので、とても勉強になりました。土壌関係については学内の「学術情報センター(図書館)」で調べられましたし、入学した目的は十分に達成できたと思っています。 詳細はこちら

CONTENTS