麻布大学

生命・環境科学部

食品生命科学科FOOD AND LIFE SCIENCE

生命科学や環境科学の立場から最先端の研究を行う

研究室教員と近い距離で専門性の高い研究を行います。
研究テーマは自分の興味や関心に応じて選び、その成果を卒業論文にまとめます。

食品衛生学研究室

三宅司郎・大仲賢二先生
食の安全を守るために欠かせない
世界的にもユニークな研究を展開
カビ毒から農薬、食中毒細菌やウイルスまで 食品衛生や公衆衛生にかかわる分析技術を開発。
国際がん研究機関(IARC)が、人に対する発がん性が認められる化学物質として、世界中で厳しく規制しているのが、カビ毒の一種であるアフラトキシンです。この物質は、日本にはほとんど存在しませんが、さまざまな輸入食品から検出されます。小麦やトウモロコシなどの穀類のほか、大豆やコーヒー豆、ピーナッツ、香辛料など、生活に欠かせない輸入食品はアフラトキシンに汚染されている可能性があるため、輸入時の検査が欠かせません。食品衛生学研究室が研究テーマとしているのは、こうした食品衛生や公衆衛生にかかわる危害要因の分析化学的技術の開発で、カビ毒のほか、農薬、食物アレルゲン、食中毒細菌、ウイルス、
がん細胞など、分析対象は多岐にわたります。

食品生理学研究室

武田守先生
痛みのメカニズムを解き明かし
西洋医学を補う新しい医療を開発
食品に含まれている化学成分が 痛みを抑える仕組みを解析する。
食物には栄養素としての働きだけでなく、おいしさを満足させる「感覚機能」、病気の予防や回復などを助ける「生体調節機能」が備わっています。食品生理学研究室では、このなかでも食物がもっている「生体調節機能」に注目。食品に含まれるさまざまな化学成分が痛みを緩和(痛緩緩和効果)する可能性と、その神経生理学的メカニズム、つまり痛みが脳に伝達される仕組みについて解析しています。
主な研究方法としては、「野菜や果物など身近な食品に含まれる化学成分」や「市販されている健康食品の成分」がもっている痛緩緩和効果について、行動学、電気生理学、免疫組織化学的手法を用いた動物実験を行い、検証していきます。

食品栄養学研究室

守口徹先生
美肌効果にも期待大な
オメガ3系脂肪酸って?
悪いイメージにとらわれることなく 摂取しなくてはいけない「脂質」がある。
「脂質」は食生活に欠かせない3大栄養素のひとつですが、「高カロリーで太る」「摂りすぎると体に良くない」といった一般のイメージから、摂取が控えられる傾向にありました。しかし、最近の脂質に関する研究によると、控えるべき油脂と積極的に摂取しなくてはならない油脂の2種類あることがわかってきました。さらに食品栄養学研究室の研究によれば、必須脂肪酸として最近マスコミなどでも注目されているオメガ3系脂肪酸は、積極的に摂取しなくてはならない油脂であるにもかかわらず、現代の食生活では摂取不足に陥りやすいことが確認されています。

その他、各研究室の詳細は「ラボ×ナビ」をご覧ください。

CONTENTS