麻布大学

生命・環境科学部

食品生命科学科FOOD AND LIFE SCIENCE

“ 人とつながる力” を生かし、
営業職に

食品製造

第一屋製パン株式会社 営業本部 営業企画部 マーケティンググループ髙野 沙紀さん

食品について学びたいと考えていたことから、麻布大学の食品生命科学科を志望しました。学内にはさまざまな研究室があったことから、将来の選択肢も幅広いだろうという期待もありました。
私のように「食品にかかわりたい」という漠然とした思いを抱いて入学した同学年の人たちは、結構いました。入学後に感じたのは、研究室だけではなく、カリキュラムにおいても食の安全・安心に関する学びが広範囲にわたっていたこと。入学時に先々の明確なビジョンが見えていなくても、麻布大学の食品生命科学科では自分のやりたいことや将来につながることを見つけやすいと思います。 詳細はこちら

お客様にご満足いただける
設備や工場を納入するために

工場トータルエンジニアリング営業

株式会社ダイキンアプライドシステムズ ヘルスケア事業部 食品製造施設建設グループ西野 航平さん

食品および医薬品メーカーの設備や工場に関する営業を担当していますが、まだわからないことも多いため、日々勉強をして知識を深めております。特に、入社してすぐ食品衛生法が改正され、食品を提供する全事業者に「HACCP(ハサップ)※」が義務化されたこともあり、この法律も含めてあらゆることを学ばなければなりません。お客様はセールスパーソンの知識を頼りにしてくださいますので、「日々勉強」の姿勢で仕事に臨んでいます。

※HACCP:原材料の受け入れから最終製品までの各工程において、微生物による汚染、金属の混入などの危害要因を分析(HA)した上で、危害の防止につながる特に重要な工程(CCP)を継続的に監視・記録する工程管理システム。(出典:「農林水産省」HP http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/haccp/h_about/) 詳細はこちら

食品を通して
世の中に貢献できる
仕事に誇りを感じる

食品製造

キユーピー株式会社 勤務鈴木 惠理さん

生産工場で、「商品を作り出す」製造課に所属しています。品質や安全に気を配りながら、業務用マヨネーズの製造ラインにて仕込みや機械操作を担当。いかに高品質の商品を効率的に生産できるか、検討・改善しながら業務を行います。お客様に安心して口にしていただける商品を作るためには、食品衛生や栄養学など、幅広い知識が必要不可欠です。食品安全科学研究室に所属し、研究で得たカビや細菌に関する知識は、今も大いに役に立っています。私は食の安全・安心を守れる人になりたいと麻布大学に進学し、今の職業を選びました。将来は製造ラインで培った経験や知識を生かして、品質保証の仕事に就くのが目標です。食品を通して世の中に貢献できる仕事として、これからも誇りを持って日々仕事に取り組んでいきたいです。

専門用語を理解して、
臆することなく発言できる

菓子製造

ヤタローグループ 勤務松本 康弘さん

「治一郎のバウムクーヘン」などを製造する食品工場でラスクを作っています。毎日15人ほどのパートさんやアルバイトさんに指示を出し、商品を管理するのが私の仕事で、気持ち良く働いてもらうためにいつも気を配っています。食品を扱う会社なので、業務中はさまざまなシーンで食の専門用語が飛び交いますが、麻布大学で学んだ知識のおかげで会話の内容を理解して、1年目から臆することなく発言できています。大学時代には学科や専門の垣根を越えて、多くの友人から良いところを吸収し成長しました。社会人としてこれからも同僚の良いところから多くを学んでいきたいですし、今後、食の知識と技術を磨いてみんなの輪の中心にいられるような人間に成長していきたいです。

誰にとっても
身近で大切な「食」を
通して地域に貢献。

菓子製造

株式会社シャトレーゼ 勤務関口 健太さん

食品生命科学科へ進学したのは、「食」という誰にとっても身近で大切なものについて、もっと深く学びたいと思ったからです。そして、入学した当初から「食」を通して自分が生まれ育った地域に貢献したいと考えていたため、山梨県を代表する食品会社である株式会社シャトレーゼへの就職を希望しました。現在はゼリーの製造を中心に、菓子製造のさまざまな業務を担当していますが、将来的には新商品の開発に携わり、自分の考えたお菓子でたくさんのお客さまを笑顔にしたいです。また、大学時代には、赤ワインに含まれるレスベラトロールという食品成分を研究し、痛みを緩和する作用があることを証明。副作用のない安全な局所麻酔薬として、その研究成果は神経科学専門の国際誌にも掲載されました。新商品を開発する際には味にこだわることはもちろんですが、こうした研究成果を生かして、健康維持にも役立つ新しい機能を持ったお菓子を考案していければと思います。

CONTENTS