麻布大学

生命・環境科学部

食品生命科学科FOOD AND LIFE SCIENCE

「食」の情報・機能・安全の
エキスパートになって未来のなりたい自分を実現する

社会で必要とされる幅広い教養科目を土台として基礎を築き、専門的な知識を支える専門科目において、食の機能性と安全性、そして食の情報(データサイエンス)のうち、特に興味ある分野を中心に知識とスキルをつみあげます。さらにつみあげの集大成として、卒業論文をはじめ、さまざまな実践科目において、実践をシミュレーションします。食の情報・機能・安全分野から、自分の「やりたい!」を通じて、人と社会の健康に貢献する人材を育てます。

機器分析学・同実習

学べる内容
機器分析の普遍的な原理と基本を修得。将来、技術職等に就いたときに、柔軟に対応できる応用力の養成をめざします。
身につく力
機器分析の原理を理解し、操作法を体得する

食品学実習

学べる内容
⽜乳やしょうゆなど⾝近な⾷品に含まれる栄養成分の測定を⾏います。実験を通じて⾷品の特性を理解し、成分の定量法を習得します。
身につく力
身近な食品に含まれる栄養成分量を分析!

公衆栄養学実習

学べる内容
食と健康の社会問題についてデータを分析し、解決法の提案、実施、評価の方法をプロジェクトベースで学びます。
身につく力
データから探ろう!食と健康の問題解決法!

食品加工学・ 保蔵科学実習

学べる内容
ロールパンやジャム、冷凍餃子などの製造を通して、製造原理やHACCP に基づいた衛生管理法を学びます。
身につく力
加工食品を製造し、原理や衛生管理を学ぶ

HACCP管理論

学べる内容
食の安全に関する知識の集大成として食品業界で必須の食品衛生管理手法「HACCP システム*」についてグループワークを通して学びます。
身につく力
4年制大学唯一の外部認証機関承認のHACCPシステム研修 (*我が国では2018 年に法律が改正され、食品衛生の管理にHACCP システムの導入が義務付けられました。絶対に食中毒を起こさない宇宙食を作製するためにNASA で考案された衛生管理方法です。)

CONTENTS