麻布大学

生命・環境科学部

臨床検査技術学科MEDICAL TECHNOLOGY

患者を思いやる心構えが
病理標本の質を高めていく

臨床検査技師

東京女子医科大学病院 中央検査部・病理検査室長谷川 嗣業さん

私が麻布大学に入学したのは、生命・環境科学部の前身である「麻布公衆衛生短期大学」と統合して間もないころでした。その影響で、1 年次から「環境病理学研究室」に入室。フレンドリーな先生方と野球をしに出掛けるなど、勉学以外の場でも楽しめたのが、とても良い思い出です。ちなみに、現在の「病理学研究室」にいらっしゃる荻原喜久美先生は、私の先輩にあたります。
入室した当初は学ぶというよりも、器具の取扱方法を知るのがメインでした。当時のミクロトームは替刃式ではなかったため、組織切片作製用の一本刀を研ぎ、刃を作るところからスタートしました。病理標本を作るための「薄はくせつ切」は、こうした研磨作業ができて初めてさせてもらえるようになりました。 詳細はこちら

自ら進んで学び続けるとともに、
羽ばたく後輩たちを見守りたい

臨床検査技師

独立行政法人国立病院機構 相模原病院井田 貴明さん

国立病院機構関東信越グループ内で異動があり、検体検査主任としてこちらの「相模原病院」に着任し、半年以上がたちました。28歳で主任になったのは最年少と聞いています。現在は主に、血液検査を担当しています。主任になる前から後進の育成には力を入れており、自分の持つスキルを後輩に教え、その成長を感じるときにもっともやりがいを感じます。血液検査は赤血球や白血球、血小板の数や質を調べたり、血液細胞を顕微鏡で見たりする作業ですが、細胞の形は判断基準が微妙です。その難しいニュアンスを後輩に伝えられたときの達成感たるや、格別です。後輩たちとは比較的年が近いことが、教えやすい雰囲気を醸し出しているのかもしれません。 詳細はこちら

患者さんを助ける
縁の下の力持ち

臨床検査技師

順天堂大学医学部付属順天堂医院 勤務沼尻 真貴さん

自分自身の入院がきっかけで、患者さんを助ける縁の下の力持ちになりたいと臨床検査技師をめざして麻布大学に入学しました。緑が多く、
落ち着いた環境で勉学に取り組むことができ、生理機能、生化学、免疫、微生物などの一つひとつの学びが、現在の仕事に生かされています。今は採血された血液を自動分析装置にかけ、生化学・免疫・血液分野の測定結果を臨床へ返す業務が私の担当です。異常値があった場合などは臨床医へ連絡をしたり、月に1 、2回は病院へ泊まり、入院および夜間に来院した患者さんから採取されたものの検査を行うこともあります。今後は臨床検査技師として、1 分野に特化するのではなく、オールマイティーに検査ができるようになることが目標です。

いのちを預かる
責任の大きな仕事

臨床検査技師

総合相模更生病院 勤務相崎 浩佑さん

病院内の検査室で、検体検査と呼ばれる採血した血液や尿の検査などを行っています。患者さんの体内で何が起こっているのかを医師が推測し、正確でより良い診療をするためには、臨床検査技師の存在は欠かせません。いのちにかかわるような異常値を見つけた場合には緊急報告を行い、迅速な診療につながるよう努力しています。また、医師が想定していなかった病態を我々が見つけることで、治療方針が変わることもあるため、いのちをお預かりする責任の大きな仕事です。そのため常に新しい知識や機器の使い方などを学んでいく必要がありますが、麻布大学での4年間がその基礎となっています。患者さんや医師に信頼してもらえる検査室の一員として、地域で一番の病院をめざしてこれからも技術の向上に励みたいと思っています。

検査データを読み取り
病気の小さなサインを発見。

臨床検査技師

順天堂大学医学部附属順天堂医院 勤務沼尻 真貴さん

臨床検査技師は、検査データを通して医師をサポートすることにより、患者さんの治療に貢献していくとても重要な仕事です。私は高校生のときに入院した体験をきっかけに、臨床検査技師の仕事内容を知り、自分もそんな縁の下の力持ちになりたいと考えるようになりました。麻布大学ではさまざまな学びを得られましたが、特に生理学や生化学といった基礎授業で、臨床検査の原理をしっかり学べたことは大きな財産です。原理を理解してはじめて、技術を臨床に活用できること。また、原理を知らなければ、検査機器の故障にも気がつけないことを、現場に出てから実感しました。今後も検査にあたっては、より総合的な視点でデータを判断していくことが目標です。一見すると健康な方でも、血液などのデータには異常が示されている場合があります。より多くの患者さんを救うためにも、検査値一つひとつの意味を理解し、小さなサインを見逃さないよう心がけていきたいです。

CONTENTS