麻布大学

学部・大学院ACADEMIC / GRADUATE

教授 三宅 司郎

生命・環境科学部 食品生命科学科

教授 三宅 司郎
研究室
食品衛生学研究室
所属と主な研究内容
所属:食品衛生学研究室

研究内容:「食の安全」に関わる微生物制御の分析化学・免疫化学・分子生物学的研究
担当科目
公衆衛生学、食品衛生学、食中毒科学、食品安全学II、HACCP管理論、食品衛生学実習

プロフィール

2018年4月1日付けで、食品衛生学研究室の教授に着任しました。

これまでは、企業で研究と開発に従事してきました。企業では、大学での研究とは異なり、論文や学会発表だけでなく、研究成果(知財)の権利確保や製品化、そしてマーケット・インまでを求められます。私がこれらを一気通貫して手がけた製品には、農薬検査用のELISAキットとカビ毒検査用のイムノアフィニティーカラムがあります。また、培った技術を表面プラズモン共鳴センサーに応用し、新たな分析化学的研究を展開してきました。

今後は、食品微生物を研究対象の中心に据えて、これらの経験を活かしながら相互作用や制御に関する研究を進めるつもりです。よろしくお願い致します。