麻布大学

学部・大学院ACADEMIC / GRADUATE

講師 片平 浩孝

生命・環境科学部 環境科学科

講師 片平 浩孝
研究室
環境生物学研究室
所属と主な研究内容
所属:環境生物学研究室
研究内容:寄生虫生態学、分類学、水産学一般、外来生物問題
担当科目
食品寄生虫学、衛生動物学、衛生動物学・同実習、医動物学・同実習、基礎生物学実習、環境生態学、フィールドワーク入門、地球共生系データサイエンス

プロフィール

2002年 札幌市立旭丘高等学校 卒業
2008年 北海道大学水産学部 生物生産学科 卒業
2010年 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士前期課程 修了
2013年 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士後期課程 修了(農学、学振DC1)

北海道大学地球環境科学研究院(学振PD)、帯広畜産大学原虫病研究センター(特任研究員)、NPO北の海の動物センター(常勤職員)、三重大学生物資源学研究科(産学官連携研究員)等を経て本学へ

明治後期から昭和初期にかけて、寄生虫*は我が国における動物学の一角を担う存在でした。しかし時は流れ、一度記載されたきりですっかり忘れ去られてしまった種や、どこでどのように暮らしているのかまったく未知の種が数多く取り残されています。こうしたマイナーな寄生虫に再び焦点をあて、分類学的検討を進めることはもちろん、誰も知ることのなかった寄生関係の営みをフィールドベースで解き明かしていきます。(*かつては寄生蟲という漢字があてられ、有象無象の小動物をさす「蟲」の意味で使われていました)

寄生虫を理解するためには、それらが利用する宿主についても勉強しなくてはなりません。場合によっては、宿主そのものを対象に研究することもあります。生態学や進化生物学、水産資源管理あるいは野生動物管理の専門家とともに共同研究を展開し、生態系全体の理解へとつなげるスタンスを常に意識しています。

水産学や水圏生物に興味のあるかたはぜひ一緒に研究しましょう。また、最近は陸域の野生動物(例えば樹上性リス類)にも対象を広げていますので、いろいろと気軽にご相談ください。

最近の研究成果

[I]査読付専門誌

  1. 吉田英利佳・崎山智樹・片平浩孝 "大雪山国立公園内のエゾナキウサギ生息地における散乱ごみ" 野生生物と社会 (受理)
  2. Katahira H, Y Eguchi, S Hirose, Y Ohtani, A Banzai, Y Ohkubo, T Shimamoto "Spillover and spillback risks of ectoparasites by an invasive squirrel Callosciurus erythraeus in Kanto region of Japan" International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife (accepted)
  3. Hasegawa R, H Katahira, I Koizumi "Salmincola markewitschi (Copepoda: Lernaeopodidae) or S. carpionis? A requirement for taxonomic revision due to their high morphological variations" Folia Parasitologica (accepted)
  4. Katahira H, G Kimura, K Higashi, A Banzai, M Shiroyama, Y Kawakami "Effective use of a growth-inhibiting sheet containing pyriproxyfen for cigarette beetle Lasioderma serricorne larvae: an implication from sheet shape and flour-food accumulation" Medical Entomology and Zoology 73, 53-58 (2022)
  5. Horimoto T, H Katahira "Microhabitat use of Pseudocharopinus markewitschi (Gusev, 1951) (Copepoda: Lernaeopodidae) on the mottled skate, Beringraja pulchra (Liu, 1932): does biased occurrence on the dorsal side of the pelvic fin imply a safety zone?" Parasitology International 88, 102561 (2022)
  6. Hasegawa R, CG Ayer, Y Umatani, K Miura, M Ukumura, H Katahira, I Koizumi "Potential negative effects and heterogeneous distribution of a parasitic copepod Salmincola edwardsii (Copepods: Lernaeopodidae) on Dolly Varden charr Salvelinus malma krascheninnikova in Hokkaido, Japan" Parasitology International 87, 102529 (2022)
  7. Katahira H, AT Matsuda, S Maeda, E Yoshida, A Banzai, TF Matsuishi "Diphyllobothrium stemmacephalum (Cestoda: Diphyllobothriidae) found from a harbor porpoise in northern Japan, with comments on a geographical gap with human infection cases in southern Japan" Parasitology International 87, 102487 (2022)
  8. 江口勇也・嶌本樹・田村典子・坂西梓里・片平浩孝 "関東地方に定着したクリハラリスにおける外来糞線虫Strongyloides callosciureusの寄生状況" 哺乳類科学 62, 31-37 (2022)
  9. 山本敦也・片平浩孝・増渕隆仁・田中智一郎・渡邊典浩・金岩稔 "PITタグを用いた三重県宮川から支流大内山川への天然遡上アユの河川内移動評価" 応用生態工学 21, 235-244 (2021)
  10. Katahira H, A Yamamoto, T Masubuchi, T Isshiki, N Watanabe, M Kanaiwa "A report on potential effects of an ectoparasite Argulus coregoni (Crustacea: Branchiura) on ayu under rearing condition" Aquaculture 543, 736980 (2021)
  11. Katahira H, A Matsuda, A Banzai, Y Eguchi, TF Matsuishi "Gastric ulceration caused by genetically identified Anisakis simplex sensu stricto in a harbor porpoise from the Western Pacific stock" Parasitology International 83, 102327 (2021)
  12. Katahira H, T Shimose, M Kanaiwa "New host records for Scaphanocephalus adamsi (Platyhelminthes: Trematoda: Heterophyidae) from commercial fishes off Yaeyama Islands" Fauna Ryukyuana 59, 21-26 (2021)
  13. Shimose T, H Katahira, M Kanaiwa "Interspecific variation of prevalence by Scaphanocephalus (Platyhelminthes, Trematoda, Heterophyidae) metacercariae in parrotfishes (Labridae, Scarini) from an Okinawan coral reef" International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife 12, 99-104 (2020)
  14. Katahira H, H Ashida, M Kobayashi "One-sided infections by intestinal parasites in two sympatric porpoises bycaught from the Nemuro Strait of Hokkaido, Japan" Parasitology International 77, 102118 (2020)
  15. Sasaki M, H Katahira, M Kobayashi, T Kuramochi, H Matsubara, M Nakao "Infection status of commercial fish with cystacanth larvae of the genus Corynosoma (Acanthocephala: Polymorphidae) in Hokkaido, Japan" International Journal of Food Microbiology 305, 108256 (2019)
  16. 片平浩孝・山本淳也・増渕隆仁・今津雄一郎・山口泰代・渡邊典浩・金岩稔 "遊漁者アンケートからみたアユ冷水病対策" 水産増殖 67, 191-195 (2019)

[II]報告書・紀要等

  1. 片平浩孝 "ゼニガタアザラシの寄生虫研究:現状と課題" 勇魚 71, 28-34 (2019)
  2. 坂西梓里・大原幸生・片平浩孝・川上泰 "日本近海産カツオにおけるアニサキス幼虫の寄生状況調査" 日本臨床寄生虫学雑誌 30, 83-85 (2019)
  3. 木村妙子・木村昭一・自見直人・倉持利明・藤田敏彦・駒井智幸・吉田隆太・田中隼人・岡西政典・小川晟人・小林格・小玉将史・齋藤礼弥・清野裕暉・片平浩孝・中野裕昭・吉川晟弘・上野大輔・田中正敦・大矢佑基・前川陽一・中村亨・奥村順哉・田中香月 "紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相" 三重大学大学院生物資源学研究科紀要 45, 11-50 (2019)
  4. Nagasawa K, H Katahira "Lernaea cyprinacea (Copepoda: Lernaeidae) infecting a rock flagtail, Kuhlia rupestris (Kuhliidae), in a subtropical river, southern Japan" Nature of Kagoshima 46, 13-15 (2019)

[III]著書等

  1. Poulin R 著 (片平浩孝・川西亮太・入谷亮介 訳) "寄生虫進化生態学" 共立出版 (2022)

ティーチング・ポートフォリオ_2021.pdf